サッカープレー観察日記

川崎フロンターレや日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているブログ

谷口彰悟選手の空中戦の強さ 川崎フロンターレVSセレッソ大阪

J1リーグ第19節、川崎フロンターレ対セレッソ大阪の試合がありました。 相手は前から積極的にプレスをかけてきましたが、 人数をかけてパスコースを多く作ったり、ポジションチェンジをしたり、相手の嫌なところにポジションを取ったりして、 上手くパス…

川崎フロンターレの魅力的なところvol.7 「止める・トラップの質の高さ」

川崎フロンターレの魅力的なところvol.7 「止める・トラップの質の高さ」 川崎フロンターレの特徴である素晴らしいパス回し、それを実現可能にしている大きな要因の一つとして、 止める・トラップの質の高さは欠かせません。 サッカーの基本として、何度も…

川崎フロンターレの魅力的なところvol.6 「上質なボランチの輩出」

川崎フロンターレの魅力的なところvol.6 「上質なボランチの輩出」 川崎フロンターレからは、素晴らしいボランチの選手が多く輩出されています。 中村憲剛選手に始まり、大島僚太選手、守田英正選手、田中碧選手と、 日本代表でも中心選手となりうる存在ま…

川崎フロンターレの魅力的なところvol.5 「狭いスペースの中でのパス回し」

川崎フロンターレの魅力的なところvol.5 「狭いスペースの中でのパス回し」 川崎フロンターレはとてもパス回しの上手いチームですが、 その中でも、狭いスペースの中でも3人4人5人と数人が上手く関わって、 変わらずポンポンとパスを回し続けれるのが凄…

大島僚太選手のチャンスを見逃さない視野の広さ 川崎フロンターレVSジュビロ磐田

J1リーグ第18節、川崎フロンターレ対ジュビロ磐田の試合がありました。 リズムとテンポの良いパス回しで、ボールも主導権も握りながら試合を優位に進め、 谷口彰悟選手の素晴らしいパスを山根視来選手がうまく合わせて先制点を奪うも、 戦い方を変えてき…

川崎フロンターレの魅力的なところvol.4 「パスをもらう意識の高さ」

川崎フロンターレの魅力的なところvol.4 「パスをもらう意識の高さ」 川崎フロンターレは、ボールを持っている人に対して周りの選手が、 良い準備をしながらしっかりパスコースを作って、パスを受けようとする意識が高い選手が多いです。 まあ言ってしまえ…

川崎フロンターレの魅力的なところvol.3 「複数ポジションをこなせる選手の多さ」

川崎フロンターレの魅力的なところvol.3 「複数ポジションをこなせる選手の多さ」 川崎フロンターレは、複数のポジションをこなせる選手が多くいることがチームの強みの一つになっていると思います。 例えば、 大島僚太選手がアンカー(AN)、ボランチ(DMF)、…

川崎フロンターレの魅力的なところvol.2 「右サイドの連係プレー」

川崎フロンターレの魅力的なところvol.2 「右サイドの連係プレー」 川崎フロンターレの右サイド、 右ウイングの家長昭博選手と右サイドバックの山根視来選手を中心とした攻撃は、 フロンターレの大きなストロングポイントとなっています。 抜群の安定感での…

川崎フロンターレの魅力的なところvol.1 「攻撃から守備への切り替えの速さ」

川崎フロンターレの魅力的なところvol.1 「攻撃から守備への切り替えの速さ」 川崎フロンターレは、 ボールを奪われて攻撃から守備に切り替わるスピードがとても速いです。 ボールを奪われた選手が、すぐに切り替えてボールを奪い返しに行くのはもちろんの…

小林悠選手の勝負強さを示したゴール 川崎フロンターレVSコンサドーレ札幌

J1リーグ第17節、川崎フロンターレ対コンサドーレ札幌の試合がありました。 大島僚太選手やチャナティップ選手の怪我からの復帰や、 橘田健人選手の左サイドバック起用など、リーグ中断期間を経て変わったことも多々あった中、 札幌のマンツーマンディフ…

伊藤純也選手の速いスピードの中での正確なパスの供給 日本代表VSチュニジア代表

キリンカップ、日本代表対チュニジア代表の試合がありました。 チュニジア代表の、準備された組織的な守備に苦戦し、 パスが上手く回らなかったり、相手の守備を上回る攻撃が出来ない時間も長く続き、 自分たちのミスも響き失点を重ねてしまい、 結果0対3…

三笘薫選手の武器を最大限に活かしたドリブル 日本代表VSガーナ代表

キリンカップ、日本代表対ガーナ代表の試合がありました。 コンパクトな陣形で守備ブロックを敷いてくるガーナ代表に対して、 サイドの空いたスペースの攻略や、狭くても質の高さで中央を崩したりと、 スピード感のある攻撃を繰り広げ、 山根視来選手、三笘…

板倉滉選手のリスク管理した守備対応 日本代表VSブラジル代表

国際親善試合、日本代表対ブラジル代表の試合がありました。 ブラジル代表の攻守に置いての一つ一つのクオリティの高さに苦戦しながらも、 守備では、 人数をかけての粘り強い守りや、落ち着いて最後の所はやらせない冷静な対応で、なんとか1失点に抑え、 …

堂安律選手のいろんな選択肢を持った多彩なプレー 日本代表VSパラグアイ代表

国際親善試合、日本代表対パラグアイ代表の試合がありました。 W杯に向けてメンバー選考争いも本格化する中、 攻撃では、上手く良い立ち位置を取ってパスを回して、相手のプレスをかいくぐるり、 連携や個人技も織り交ぜながらチャンスを何度も作り出し、試…

細谷真大選手の良い体勢づくりからのゴール 柏レイソルVS清水エスパルス

J1リーグ第16節、柏レイソル対清水エスパルスの試合がありました。 柏レイソルが攻守に優位性を多く作れて試合を優位に進める中、 マテウス サヴィオ選手、細谷真大選手、大南拓磨選手の3得点とも素晴らしい形のゴールで突き放し、 清水エスパルスは選…