サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

田中碧選手のパスさばき 日本代表VSメキシコ代表

 

日本代表VSメキシコ代表のオリンピック3位決定戦がありました。

 

銅メダル獲得のためにも、なんとしても勝ちたかった試合ですが、残念ながらセットプレーでの失点が続き、三笘薫選手の得点で1点は返しましたが、負けてしまいました。

 

選手たちの負けた後の悔しい姿にはとても心を打たれました。

本気で目指してきて本気で取り組んできた分、それでも届かなかった悔しさが、試合後の姿やインタビューに表れていました。

あの姿を見ると、日本代表はこれからまだまだ強くなると思わせてくれました。

 

すぐには切り替えられないかもしれませんが、さらに大きくなった姿を次の舞台で見せてほしいなと思います。

 

この試合に限らずですが、全試合通して、ボランチの田中碧選手の存在はとても大きかったと思います。

 

今回は攻撃面のパスさばきにのみ触れますが、

まずはボールを受ける意識がとても高くあること。

後ろからのビルドアップの場面でも、多少相手を背負ったり相手が近くにいても、積極的にボールを受けて上手くボールを動かせていました。

 

状況によってはサイドに流れて受けたり、中盤の間のスペースに顔を出したりと、ピッチ全体を見ながら、その都度どこでパスを受ければいいのか頭を働かせて動いています。

 

パスを受けてからも、相手のプレスに一切慌てず落ち着いてプレーできることもとても素晴らしいところです。

 

場所的に、360度どの角度から相手が来るかわからないし、もし奪われればカウンターをくらってピンチになる可能性も高いポジションなので、

なかなかパスを受けたがらなかったり、慌ててミスしたり、無難なプレーを選びがちな選手も多いとは思うのですが、

 

周りをしっかり見れていることや、足元の技術の高さ相手をギリギリまで見てトラップで相手の逆をとれる球際の上手さもあり、そういった自信のもと落ち着いてプレー出来ているのだと思います。

 

ゴールにつながるパスについても、

相手の嫌なところに打つくさびの縦パスや、広い展開のロングボールなど、様々なパスを使い分けることが出来ます。

 

初戦の南アフリカ戦の久保建英選手のゴールも、田中碧選手の逆サイドへの展開のパスからでしたね。

 

オリンピック後から海外リーグに挑戦したりと、A代表でもこれからレギュラー争いをしてくるであろう選手だと思います。

 

これからの活躍も注目したいと思います!

 

田中碧選手の他の記事;田中碧選手の相手の嫌なところで受ける崩し

           田中碧選手の狭いスペースの中での球際の上手さ

           田中碧選手のオフザボールで周りを見る意識