サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

脇坂泰斗選手のファーストタッチ 川崎フロンターレVS大分トリニータ

 

Jリーグ、川崎フロンターレVS大分トリニータの試合がありました。

 

大分トリニータも善戦したものの川崎フロンターレの強さが光り、2対0で勝利を収めました。

 

川崎は相変わらずのパス回しの上手さですが、その中でも脇坂泰斗選手のファーストタッチはとても上手さを感じます。

 

来たパスを止めるトラップ技術の高さはもちろんですが、相手のプレスによって止める場所を変えるのがとても上手いです。

 

相手がトラップ際を狙って取りに来てたら、

それとは違う角度にボールを動かしながら止めたり相手の重心の逆をいくように止めてプレスをするりとかわしたりして、

「ボールを奪われないファーストタッチ」「相手の逆を突くファーストタッチ」をして、ボールを上手く回しています。

 

そして特に上手いなと感じるのが、「180°反転するファーストタッチ」です。

味方からのパスに反応してボールに寄っていったかと思えば、

ボールを触ると同時にクルっと反転してそのまま真逆にボールを運んでいきます。

それも時間をかけずに一瞬でスムーズに

 

細かいステップで一気に逆を向きながら、

ボールは体の下を通過させて来た方向とは遠い位置でボールを触り

スムーズに逆に反転してボールを運んでいきます。

ときには周りの状況によっては、ボールに触れずにノータッチでターンすることもあります。

 

相手としては完全に不意をつかれて逆をとられてしまい

ファーストタッチの一瞬で置いてけぼりにされてしまうので、

奪いにいった相手からしたら、とても厄介なプレーだと思います。

 

あと、「次のプレーのためのファーストタッチ」も上手くて、

例えばこの試合であったのが、

 

中で待っていた脇坂泰斗選手が右サイドからのパスを受けた時に、

はじめ前向きでしたがパスが後ろ側にきたので後ろを向いたけれど、

右足で上手く左足でシュートが打てる位置に一発でボールを止めて、すぐにシュートを打ったシーンがありました。

 

おそらくもう1,2タッチしていたら相手に寄せられてシュートを打てなかったですが、

頭ではシュートまでの形がイメージ出来ていたから出来たのであろう、

「次のシュートのためのファーストタッチ」がありました。

 

”上手いファーストタッチが速いプレーを生み出せる”ことを表したとても素晴らしいプレーだったと思います。

 

この前は日本代表にも選ばれ、これからもどんどん活躍してくれる選手だと思うので、これからの活躍が楽しみです!

 

脇坂泰斗選手の他の記事;

脇坂泰斗選手の上手くて速い流れるようなプレー

脇坂泰斗選手の相手の逆をとるファーストタッチ