サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

家長昭博選手の相手との間合いの取り方 川崎フロンターレVS柏レイソル

 

Jリーグ、川崎フロンターレ対柏レイソルの試合がありました。

 

川崎はたくさんチャンスを作り、ゴールを脅かす場面は何度も作りましたが、

中央を固めて、最後の場面をしっかり防ぐ柏の守備をこじ開けることが出来ませんでした。

 

一人退場者を出してでも守り切った、柏の守備や戦い方はとても良かったですね。

川崎の攻撃も悪くなかったのに、その川崎を今季初の無得点に抑えた、相手の守備を褒めるべきかなと思います。

 

川崎の攻撃の大黒柱の一人、右ウイングの家長昭博選手相手との間合いの取り方は、いつ見ても毎回とても勉強になりますね。

家長昭博選手は、パス良しドリブル良しシュート良しと、何でもハイレベルでできる選手なのですが、ボールを奪われないことに関して、特に素晴らしいなと思います。

 

まず大前提にそれを支えていることとして、技術の高さ体の強さです。

これらがとても高いレベルにあることが、ボールを奪われない確固たるベースになっています。

そして、大きなポイントの一つに、「間合い(相手との距離)の取り方が上手い」こと。

どんな状況になれば自分が不利になるか有利になるかわかっているので、どの方向にボールを動かせば良いのか、早めにパスした方が良いのかなどを素早く判断して、まず自分を不利な状況にもっていくことをしない賢さがあります。

 

あと、出来るだけ前を向いた状況を作り出し、相手が不用意に飛び込めない距離を保ちながら、広い視野を持ちつつパスでもドリブルでもできるような間合いを保ってプレーしています。

 

たとえ相手が近くに寄せてきてもボールキープが非常に上手く、

右手でブロックしながら相手とボールの間に体を入れて相手からボールを一番遠ざけることのできる左足のアウトサイドで主にボールを動かして、ボールを相手に触らせずに、自分がしっかりコントロールできる場所にボールを置いています。

 

もし不利な間合いや体勢になりそうになったら、体のフェイントで相手を動かして整えたりファールを誘いフリーキックをもらったりと、相手との駆け引きも上手いです。

 

ダブルタッチやヒールキック、浮き球などのトリッキーなプレーで相手をかわして凄みを見せてくれるのもたまりませんね!

 

相手からしたら、ボールを奪おうにも奪えないし、2人でいっても上手くはがされるし、とても厄介な選手だなと思います。

味方からしたら、家長昭博選手にボールが渡れば絶対取られないという信頼感があるので、

「攻撃のタメができ、動き出す時間が作れる」のでとても大きな存在ですね。

 

川崎フロンターレのリーグ優勝のために、家長昭博選手が攻撃のタクトをふるう姿をこれからも楽しみにしたいと思います!

 

家長昭博選手の他の記事;

家長昭博選手の独特なリズム感に引き込む時間を作るプレー

家長昭博選手の自由なポジション取り