サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

フロンターレのビルドアップ 川崎フロンターレVSアビスパ福岡

 

J1第26節、川崎フロンターレ対アビスパ福岡の試合がありました。

 

大半の時間、川崎がボールを持ちながら攻め、福岡が守るという試合展開でしたが、

福岡の守備の良さや、川崎がゴールを奪い切れなかったことが響き、クルークス選手のスーパーゴールで今季初黒星となりました。

 

怪我人や、チームに疲労感がある影響か、

崩し切ってゴールを奪うことはできませんでしたが、ボールを動かしながら組み立てていくところやビルドアップのところは、主力が相次いで抜けている中でも、相変わらずさすがでした。

 

川崎の4バック+アンカーの5枚に対して、基本福岡は2トップ+サイドハーフ2人の4枚で積極的に前からプレスをかけてきました。

 

福岡は一人少ない形ですが、

フォワードが、アンカーへのパスコースを切りながらボール保持者のセンターバックに寄せたり、

サイドハーフが、サイドバックへのパスコースを切りながらボール保持者のセンターバックに寄せたりと、上手くハメに来ていました。

 

それに対して川崎は、動いてパスコースを上手く作ることはもちろんのこと、

ダイレクトや速いプレーで相手のプレスが来る前にはがしたり、

ドリブルではがしたり、

インサイドハーフやウイングが下りてきて数的有利を作ったり、

「一瞬タイミング良くマークをはずす&ダイレクト&三人目の動き」のように数人で局面を突破したりと、

いろんなパターンでビルドアップし、相手のプレスを回避し、ボールを保持しながら前に進めていました。

 

相手のプレスがはまってきて詰まったときは、ゴールキーパーに返したり、シンプルにロングボールで前に送るシーンもありました。

 

川崎のストロングポイントの一つである落ち着いたビルドアップ、

「技術の高さ」「サポートの上手さ」「周りを見る力」「状況判断力」「冷静さ」など、いろんなことが出来るからこそできるものだと思います。

 

今や後ろからボールを大事につないでいくのは当たり前の時代ですが、

相手のプレスのかけ方やシステムの関係によっても変わったりするし、チームによってもやり方はバラバラなので、どういった始め方をしているのか注目してみるのも、サッカーを見るうえで面白いところかもしませんね!

 

長いシーズンなので、なかなか勝ち点を取れないときはどんなチームでもあると思います。

この時期を乗り越えて、強い川崎をまた見たいと思います!