サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

小林悠選手のターンからのシュート 川崎フロンターレVSコンサドーレ札幌

 

J1第27節、川崎フロンターレ対コンサドーレ札幌の試合がありました。

 

札幌がスピーディーな攻撃から何度も攻撃を繰り広げていましたが、

小林悠選手1ゴール1アシストで、川崎が勝利を収めました。

 

札幌の流れの中での先制点だったので、1点目は特に大きかったと思います。

 

その1点目は、

小林悠選手伝家の宝刀とも言えるような素早いターンからのゴールでした。

 

左サイドで仕掛けの体勢に入っていた宮城天選手から、ペナルティエリア内で斜めのパスを受け、相手を背負いながら素早くターンしてゴール右端に流し込みました。

 

まずこれは小林悠選手のストライカーとしての貪欲なゴールへの意識が生んだゴールだと思いますが、

 

それに加えて、

ペナルティエリア内で相手を背負いながらパスコースを作るポジショニングの良さ

周りのちょっとしたスペースを事前に見つけてイメージ出来ているところ、

狭い中でのトラップの技術の高さと、シュートのためのボールの置き所の良さ

トラップとともに体を反転させる身のこなし

シュートの上手さなど、

いろんな高いレベルのものが詰まったものだと思います。

 

同じチームのレアンドロダミアン選手とは違って、体で相手を抑えながらプレーするタイプではなく、

「俊敏性」や「テクニック」で相手を置き去りにするタイプで、

体があまり大きくない選手がとても見本にすべきプレーだと思います。

 

このターンからのシュートも絶品なのですが、

良い動き出しからピンポイントで合わすワンタッチゴールや、

ヘディングシュートなど、いろんな形から点が取れて、

どれも上手く速く、そしてかっこよかったり泥臭かったりするゴールで、エース的役割を果たしています。

 

小林悠選手は、チームが大変な時やどうしても点が欲しいという時に何度もゴールを決めてきて、何度もチームを救ってきてくれました。

 

今回も、勝ち点がなかなか取れない時期で、試合の流れも相手のほうだったときなので、本当に風向きを変えてくれたゴール&アシストだったと思います。

 

本当に頼れる男で、しびれさせてくれました!

 

ずっと長いシーズンコンスタントに点を取り続けれる選手は、実力はもちろんのこと、点の取り方というものがわかっているんでしょうね。

 

年齢を重ねるにつれパワーアップしている、研ぎ澄まされたゴールへの嗅覚や、頼れるファイティングスピリットで、これからもフロンターレを引っ張っていってほしいと思います! 

 

小林悠選手の他の記事;