サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

旗手怜央選手のタイミングの外し方 川崎フロンターレVS湘南ベルマーレ

 

J1第30節、川崎フロンターレ対湘南ベルマーレの試合がありました。

 

前半、フロンターレはなかなかリズムが掴めない中、失点して相手にリードを許す展開でしたが、

後半になってシステムやメンバーの変更により、本来のリズムを取り戻しました。

 

そして後半途中、右サイドからの山根視来選手のクロスを、旗手怜央選手が同点ヘディングゴールを決めて追いつき、

終了間際に、またもや右サイドから家長昭博選手のクロスを、知念慶選手が劇的逆転ヘディングゴールを決め、2試合連続アディショナルタイムでの逆転勝利を収めました。

 

最後に崩し切って勝ちにつなげるのは、今季のフロンターレの強さを表したような試合でした。

 

そんな中で、前半は左サイドバック、後半はインサイドハーフを務めた旗手怜央選手は、攻守にわたりチームにとても貢献していました。

 

技術も高く体も強く、いろんなポジションをこなせる適応力を持った選手ですが、

ボールを持った時の、相手とのタイミングの外し方相手の逆の取り方がとても上手いと思います。

爆発的なスピードを持ったわけではないですが、相手をスッと置き去りに出来るような上手さを持っています。

 

ゆっくりドリブルしながら急にスピードを上げたりする「スピードの緩急」を使ったり、

自然なモーションで蹴る振りをして、違う方向にドリブルで運んでいく「キックフェイント」を使ったり、

相手が取れそうだなと思うところに一瞬ボールをさらして、相手が足を出してきたタイミングの重心移動を利用して、トラップやドリブルでかわす「相手を食いつかせる」方法を使ったりして、

相手を置き去りにしてかわしていくのがとても上手いです。

 

思ったようにボールを動かす「技術の高さ」や、

相手を抑え込める「体の強さや体の使い方の上手さ」や、

頭を使った「駆け引きの上手さ」がこれらを可能にしていると思うのですが、

 

広い視野を持ちながら、目の前の相手のタイミングを外したり逆をとったり出来るのは、想像以上に難易度が高いことだと思うし、凄いことだなと思います。

 

特に欠点がなくなんでも出来て、高いバランスで基本を極めている凄さが、色んなチームで重宝される選手になれる秘訣なのかなと思います。

 

近い将来には海外に行ってしまうかもしれませんが、フロンターレでも、日本代表でもこれからの活躍を期待しています!

 

旗手怜央選手の他の記事;旗手怜央選手の良いトラップからの良いシュート

            旗手怜央選手のボールを隠す体の使い方

            旗手怜央選手の気迫のこもった推進力