サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

マルシーニョ選手のドリブルのコース取り 川崎フロンターレVSヴィッセル神戸

 

J1第28節、川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸の試合がありました。

 

前半は神戸のペースで進む時間帯も多く、先制も許し良くない流れでしたが、

後半になると、良い守備から良い攻撃というように流れを取り戻し、3点返し、またもや逆転勝利を収めました。

 

前半は相手の大迫勇也選手に幾度もピンチを作られましたが、

後半はあまりボールに触らせることさえせずに、その前の段階でしっかりシャットアウトすることが出来ました。

 

前半も何度かありましたが、後半の逆襲のきっかけの一つにもなっていた、

新加入のマルシーニョ選手のドリブルはとても効果的だったと思います。

 

スピードがあり積極的にドリブルを仕掛けていく選手なのですが、

相手とのタイミングをうかがいつつ、フェイントを織り交ぜながらスピードの緩急を上手く使い突破していくのが印象的です。

 

この試合であったプレーで、

左サイドで家長昭博選手から縦パスをもらい、

スピードに乗った状態でサイドから中に切り込んでいき、

相手センターバックを振り切りドリブルを進めていき、最後は倒されPKを獲得しました。

 

ドリブルを仕掛ける始めの段階は、相手と並走しつつ腕で相手を払いながら勝負していましたが、

ペナルティエリアに入ったタイミングくらいで、

グッと相手の前にもぐりこむように入り込み、

相手が思わずファールしてしまうようなドリブルのコース取りをしました。

 

相手からしたら、

自分の前に入られると体を入れて奪うことが出来ないし、

なにかしようとするとファールになってしまうので、

ピンポイントでボールを狩りにいくしかなくなってしまいます。

 

それにペナルティエリア内だと、PKを与えてしまう可能性も出てくるので、

ディフェンスとしてはお手上げ状態です。

 

それを上手く利用し、

スピードに乗りながら相手の前にグッと入り込むドリブルコースを選択したのは、

とても素晴らしかったと思います。

 

それが出来たのも、

相手と並走している中でスピードを一瞬上げれた、「速さと足腰の強さ」

そして恐れず前に仕掛けていった、「チャレンジ精神」が生み出したものだと思います。

 

このシーンに限らずですが、マルシーニョ選手はドリブルを仕掛けるときの思い切りの良さがとてもあります。

 

ドリブルで相手を抜きにかかるとき、あまり自信がない選手だとかは、

相手に奪われてしまうことなどが頭によぎり、一瞬スピードが緩まったり気持ちがひるんだりしがちなのですが、

マルシーニョ選手のように何度もドリブル突破出来る選手は、

その弱い気持ちを吹き飛ばし、強い気持ちをもって仕掛けて突破していくことができます。

 

気持ちだけでどうにかなるわけではありませんが、

突破してやろうという強い気持ちや、チャレンジ精神を持ってやることは、

技術を後押ししてくれたり、自分の力を最大限引き出したりしてくれると思うので、

サッカーではとても大切なことだと思います。

 

これからも、積極的なドリブルでフロンターレの攻撃を引っ張っていってほしいと思います!

 

マルシーニョ選手の他の記事;マルシーニョ選手の裏への抜け出しからのゴール