サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

登里享平選手のニアゾーンの攻略 川崎フロンターレVSFC東京

 

J1第31節、川崎フロンターレ対FC東京の試合がありました。

 

フロンターレは、久しぶりに無失点で抑えることができ、レアンドロダミアン選手のゴールで1対0で勝利しました。

 

そのゴールをお膳立てしてアシストしたのは、左サイドバックの登里享平選手でした。

 

登里選手は、技術やスピード、賢さに優れた選手で、サイドバックながら攻撃のチャンスメイクにも欠かせない存在です。

 

特に、ニアゾーンと呼ばれる、相手ペナルティエリア内の横側を何度も攻略し、チャンスを演出しています。

 

出し手としても、受け手としても、そのエリアを上手く使っていて、

相手陣内のライン際でボールを持っている時は、中盤や前の選手がニアゾーンに抜けていったところに、良いタイミングで絶妙なパスを出したり、

 

ウイングの選手がサイドに張ってボールを持っている時は、内側に入ってニアゾーンに向かって斜め前のパスを受けたりと、

相手が嫌がるスペースを的確に突いていっています。

 

この試合でのゴールシーンは、

真ん中でボールを持った家長昭博選手が、左ウイングのマルシーニョ選手にボールを展開し、

マルシーニョ選手がドリブルで仕掛けている間に、登里享平選手が上がって追い越していき、パスを受けクロスボールを中のレアンドロダミアン選手に合わせました。

 

まず、上がるタイミングがとても良く、家長昭博選手マルシーニョ選手出すと分かった時点のタイミングで、ダッシュで駆け上がっていき、

そして、始めはマルシーニョ選手の内側を上がっていこうとしましたが、中に仕掛けていったドリブルコースを見て、とっさに外側に走る判断に変え、上手くボールを受けアシストを決めました。

 

「いつ」「どこに」走るかという、周りの状況を見て考えながら的確な走りをするのは、思った以上にとても難しい事だと思うので、登里享平選手の経験の多さや、賢さが表れたシーンだったのかなと思います。

 

ニアゾーンを攻略するのは、いつもの試合を見る限り、チームとしての狙いの一つなのかなと思うのですが、

ここで前向きでボールを持てると、

多方向へのクロスボールとともにシュートという選択肢も持てるし、

クロスボールの際にも距離が近い分、上手く合わせられる確率も高まります。

 

それに相手からしたら、

ボールとマークを同時に見ることがだいぶ難しくなるし、

クロスボールやパスに反応する時間も短くなってしまうので、

とても得点率の高いチャンスが生み出せると思います。

 

でもその分、そこまでの状況を作り出すのは簡単なことではないので、特に意図的に作り出すのはとても素晴らしいことだなと思います。

 

サイドバックとしての攻撃の関わり方は色々ありますが、出し手としてでも受け手としてでも、相手の嫌なところを突けるチャンスメイクはとても凄い形だなと思います。

 

これからも攻守を支える存在として、活躍を注目していきたいと思います!