サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

守田英正選手の機転の利いた動き 日本代表VSオーストラリア代表

f:id:soccer-kansatu:20220327152027j:plain

 

W杯アジア最終予選、日本代表対オーストラリア代表の試合がありました。

 

日本代表は、組織的な連動した良い守備から、流動性のある距離感の良い攻撃で、ペースを握る時間帯も多く、結果2対1で勝つことが出来ました!

 

システムを含め、いつもとは違う戦い方をした日本代表でしたが、インサイドハーフで出場した守田英正選手は、この試合の大きな役割を担っていました。

 

そこまで目立つプレーが多いわけではなく、影でチームを支える黒子タイプの選手ですが、この試合でも機転の利いた動きで、チームを勝利に導いてくれました。

 

攻撃では、

色んなスペースに顔を出しボールを受けて、ボールを上手く回したり、

 

一つの局面が2対2の数的同数の場面で、少し追い込まれがちな状況の時は、

タイミング良くそこに寄って行って、上手く「数的優位な状況」を作ったり、

 

ボールを受ける時、相手がどっちをマークしなければいけないのか分かりづらい所にわざと立って、味方にスペースを与える、「相手を迷わせるポジション取り」をしたりと、

 

周りの状況を見ながら機転を利かせた動きをし、技術の高さを活かして、

ボールを上手く回す潤滑油になっていました。

 

守備では、

マークもしつつ味方のカバーにすぐにいけるようなポジショニングをとったり、

 

サイドバックやウイングのカバーをするために、「横のスライドの動き」を速くして広範囲に走ったり、

 

同じ中盤の遠藤航選手田中碧選手が前に上がっていったときは、バランスを取るために後ろの方に残り気味のポジショニングを取ったり、

 

周りの状況を見ながら機転を利かせた動きをし、対人の強さを活かして、ボールを奪い取るための役割を果たしていました。

 

相手にFKを与えてしまう場面もありましたが、あれはその前の展開のこともあるし、相手のキックの上手さもあるので、仕方ないプレーだったと思います。

 

攻守にわたり、この試合での貢献度はとても高いものがあったと思います。

 

もう一つ、共にかそれ以上にこの試合大活躍した田中碧選手との連携も、とても良かったです。

元フロンターレコンビが躍動したのが、この試合の勝利の大きな要因の一つだったんじゃないかと思いますね!

 

勝って次へ望みをつなげれたので、これからも一つ一つしっかり勝って、無事W杯出場を決めてほしいと思います!

 

守田英正選手の他の記事;