サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

酒井宏樹選手の相手との距離の詰め方の上手さ 浦和レッズVSガンバ大阪

 

J1第32節、浦和レッズ対ガンバ大阪の試合がありました。

 

浦和は良い立ち位置を活かした連携したプレーで、何度もチャンスを作り出し相手ゴールを脅かしましたが、中々ゴールを決めきれずの状態で、

試合終盤お互いPKを獲得し、1対1の同点で試合を終えました。

 

今シーズン海外からJリーグに帰ってきて、さすがの活躍を続けチームに大きく貢献している日本代表の酒井宏樹選手は、この試合でも光っていました。

 

積極的な攻撃参加や、そこからのクロスボールも得意としている選手ですが、

「対人守備の強さ」は特に凄い選手です。

 

「空中戦の競り合い」「球際の強さ」「相手の仕掛けに対する対応」など、

抜群の安定感でチームの守備を支えていますが、

その中でも特に、

マークしている相手との「距離の詰め方」がとても上手いと思います。

 

例えば、

マークしている相手がまだパスを受けていないときは、適度な距離を保ってマークを付いているのですが、

その相手にパスが出された瞬間、そのボールが動いている間に少しでも寄せて

相手がトラップしたときに少しでも距離を詰めれるような動きをしています。

 

そして、浮き球や長いボールが相手に入ったときには、

始めはあえてゆっくり寄せて足元へのトラップを誘導して、

トラップの瞬間にグッとスピードを上げて距離を詰めていって奪いにいくといった駆け引きも見せています。

 

あと、相手が後ろを向いたときはその状態を見逃さず、

相手から離れずしっかりと距離を詰めて体を寄せながら

強いプレスで相手に自由を与えないような守備を行っています。

 

こういった積極的な守備では、

前へのパワーが強くなる分、一発で入れ替わられたり裏を取られてしまったりするリスクもあるのですが、

 

相手に寄せるタイミングだったり、体の寄せ方だったり、ステップの踏み方なども工夫していて、

一発で瞬間にかわされる場面もほとんどなく、リスク管理をしながらのプレーもさすがだなと思います。

 

こういった準備や駆け引きも上手く扱いながら、

速さや強さなどの身体能力の高さも合わさっているから、レベルの高い安定した対人守備が出来るのかなと思います。

 

おそらく、海外でたくさんのハイレベルの選手とマッチアップしてきて培われたものだと思うので、そのたくさんの経験が詰まったプレーはやはり普通とは違うものを感じさせてくれますね。

 

日本代表でも不動の右サイドバックとして君臨している酒井宏樹選手、これからの活躍も楽しみに見たいと思います!

 

酒井宏樹選手の他の記事;酒井宏樹選手の攻撃参加からのクロスボール