サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

イニエスタ選手のボールの置き場所 ヴィッセル神戸VSアビスパ福岡

 

J1第32節、ヴィッセル神戸対アビスパ福岡の試合がありました。

 

言わずと知れた、世界的なスーパースターのイニエスタ選手、ヴィッセルを牽引するとともに、Jリーグの発展に大きく貢献してくれている選手です。

日本でこのプレーが見られるのは、加入当時はとても信じられず、本当に幸せなことでしたね。

 

圧倒的な技術やセンスで、周りを魅了してくれるイニエスタ選手ですが、

それらを可能にするためのプレーの一つとして、ボールの置き場所がとても素晴らしいと思います。

 

イニエスタ選手の自分のボールの置き場所として、

足元すぐの右足インサイドの方にボールを置いてプレーすることが多く、

そこにボールを置いていつでもなんでも出来る体勢を常に保っています。

 

たとえ浮き球が来ても多少ずれたパスが来ても、高い技術ですぐにその場所にボールを収めて、常に自分が思った通りにプレー出来る準備をしています。

 

このボールの置き場所が確立していることや、そこに常にボールを収めることできることのメリットはいくつもあって、

 

まず一つに、「ボールを相手に奪われにくくなる」ことです。

 

自分の懐深くにボールを置いているため、相手はなかなか足を出しづらいし、

足を出してきたとしても、どの方向にもボールを動かせる体勢なので、触らせずにスッとかわすことができます。

タイミングの取り方が上手いこともありますが、

相手が足を出してきたところをダブルタッチで華麗にかわすシーンは、何度も見たことあるプレーなんじゃないかなと思います。

 

次に、ボールが常に同じところにあるので、「顔を上げる時間を増やせる」ところです。

 

足の感覚でボールのある場所も把握できるので下を向くことが少なく、

ボールを持っていても周りの状況を確認できる時間も長くて、視野も広く保てるので、

チャンスのところを見逃さずにスルーパスや展開のパスをバンバン出せているのだと思います。

 

あともう一つ、「味方とのタイミングを合わせやすい」こともあります。

 

顔を上げている時間が長いことや、いつでもボールを蹴れる体勢を保っているので、

味方がいつ動き出してもそこにタイミングを合わせたパスを出すことができます。

 

味方が良い動き出しをしても、パサー(パスする人)が、見てなかったり準備が整ってなかったりすることは割とあることですが、

そんなことになることはあまりなく、チャンスを逃すことが少ないし、

逆に、パサーの体勢が常に整っている分、動き出す方が積極的に相手が嫌がるタイミングで動き出しが出来るので、チャンスを増やすことも出来ます。

 

もちろんイニエスタ選手「技術力の高さ」「視野の広さ」「頭の良さ」「チャンスを見つけれる目」があってこそのものですが、

 

ボールを持っている選手が、良いボールの置き場所にボールを収めているという小さなプレーが、こんなにも周りに大きな影響を与えているということは、

サッカーの奥深さが感じられるとともに、サッカーのとても面白いところであり魅力的なところだなと思います。

 

日本でプレーしてくれているありがたさを感じながら、

世界のトップの中のトップのプレーをこれからも見せてほしいと思います!

 

ヴィッセル神戸の他の選手の記事;