サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

谷口彰悟選手の奪ったボールをパスに変える技術 川崎フロンターレVS清水エスパルス

 

J1第33節、川崎フロンターレ対清水エスパルスの試合がありました。

 

終始川崎がボールを持ち攻撃をし、清水が陣形をコンパクトに保ちながら守備をするという流れでしたが、

レアンドロダミアン選手のゴールでこじ開け、1対0で川崎が勝利しました。

 

攻撃をする時間が多かったですが、

カウンターなどのリスクマネジメントをしながら後方でチームを支える、

チームの精神的支柱であるセンターバックの谷口彰悟選手は、

攻撃の第一歩目の仕事を的確に果たしていたと思います。

 

後ろでパスを回しながら、前線への縦パスや斜めのパスなどの、攻撃のスイッチを入れるパスももちろん素晴らしいのですが、

 

特に、相手から奪ったボールをすぐさまパスに変える技術がとても素晴らしいなと思います。

 

例えば、

相手のロングボールをヘディングではね返すときは、

そのまま前にクリアするだけではなく、しっかり周りの味方にパスでつなぐし、

 

相手のパスミスが自分の所にきたり、インターセプトで相手のパスを奪った時も、

そのボールをなんとなくクリアするのではなく、しっかりダイレクトで味方にパスでつないでいます

 

普通は、ボールを奪ったりクリアするだけで満足してしまいがちだったり、

その後のプレーは少し判断が遅れてしまいがちだったりするのですが、

谷口彰悟選手は、クリアやパスカットをダイレクトでそのままパスに変えてしまう凄さがあります。

 

自分に来ているパスではないので、きれいな形で自分のところに来ることは少ないですが、

それを丁寧に味方へのパスに変える技術の正確さがあり、

 

それ以外のプレーを見ていても思うように、

ボールを大事にしようという意識がとても高く、一つ一つのプレーをとても丁寧に行っていて、まるで職人技のような雰囲気を感じさせてくれるプレーを見せてくれます。

 

それに、守備の時間のときから攻撃のことを考えておかなくてはいけないし、周りのどの味方にパスをつなごうか見ておかなくてはいけないので、

守備から攻撃への切り替えの速さがとても速いのと、常にいろんなところに気を配ってプレーしていると思うので、とても素晴らしいなと思います。

 

センターバックの選手がこういうプレーをやってくれると、

本来相手ボールだったりルーズボールだったものが自分たちのボールに出来るし、

 

相手がまだ守備モードに切り替わっていないときに攻撃に転じることが出来て、

パスもつなぎやすくなるしチャンスにつなげやすくなると思うので、

チームとしてとてもありがたいプレーなんじゃないかなと思います。

 

もう今は、ディフェンスは守備だけできれば良いという時代ではないので、

攻撃のスタートを担うプレーを求められるのは当然なのかもしれませんが、

 

しっかりとした安定した守備が出来る上に、攻撃にも大いに貢献出来て、しかもキャプテンとして精神的にもチームを支えている存在はとても頼りになりますね!

 

これからもフロンターレの大黒柱としてチームを支えて、リーグ優勝に向けて突っ走っていってほしいと思います!

 

谷口彰悟選手の他の記事;

谷口彰悟選手の数的不利の状況での対応

谷口彰悟選手の危険な要所を守る守備