サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

山村和也選手のシュートコースカット 川崎フロンターレVS横浜Fマリノス

J1第38節(最終節)、川崎フロンターレ対横浜Fマリノスの試合がありました。

 

順位はすでに決まっているものの1位2位の天王山の戦いということや、レアンドロダミアン選手前田大然選手得点王争いなど、見所たっぷりの試合でした。

 

フロンターレは、山村和也選手ロングカウンターパスから、家長昭博選手のクロスからレアンドロダミアン選手の豪快ヘディングで先制点を奪い、

マリノスはそれにこたえるかのように、クロスボールから前田大然選手のゴールで追いつき、試合は1対1の引き分けに終わりました。

得点王争いも、2人同時受賞となりました。

 

前半早々、車屋紳太郎選手の負傷交代により予想外に早い出場となった山村和也選手でしたが、相変わらずの落ち着きで安定したプレーを発揮していました。

 

「技術や身体能力の高さ」「空中戦の強さ」「高い適応力」などを武器に、

センターバックやボランチ、フォワードなどと、様々な軸のポジションを高いレベルでこなせる山村和也選手ですが、

この試合出場したセンターバックで、熟練のプレーを見せてくれました。

 

相手マリノスが、エウベル選手が右サイドを突破し、中で待っていたレオセアラ選手足元に速いクロスボールを入れたシーンでしたが、

山村和也選手は、ゴール前のスペースを埋めるため、始めはキーパー前くらいまで下がっていました。

 

それに対してレオセアラ選手は、少し遅れて中に入ってきて、ゴールより少し後ろのマイナスの位置でフリーでパスを受けました。

 

ワントラップしてシュートに持っていき、惜しくもゴール横に外れてしまいましたが、その時の山村和也選手守備対応が素晴らしいなと思いました。

 

山村和也選手は、レオセアラ選手がトラップをするタイミングで寄せていったのですが、その寄せ方が良く、左右を微妙に修正して「シュートコースを切りながら」寄せていっていました。

 

もうゴール前でシュートを打たれるシーンなので、慌てて飛び込んだりボールに対してアタックしてもおかしくなかったと思いますが、

そうしてしまうと、レオセアラ選手がもしそのプレスをドリブルでかわした時に、決定的なピンチを迎えてしまっていた可能性があります。

 

だからおそらく、最悪な状況を作り出さないようにすると同時に得点も許さないような「シュートコースを確実に切りながら次のプレーにも対応できるような守備対応」をしたのだと思います。

 

一見すごくピンチな状況で、シュートが横に外れてくれて良かったーと思うようなハラハラしたシーンでしたが、

山村和也選手のプレーを見てみると、しっかりリスク管理しながら落ち着いて守備対応したというだけの、そこまでピンチではなかった「シュートを横に外させた」シーンだったのではないかと思いました。

 

あの短い時間で、速い判断から最適なプレーを出来るのは、長い経験能力の高さがあるからこそ出来ることだと思うので、目立たなくちょっとしたことですが、とても素晴らしいプレーだなと思います。

 

サッカーの守備ではよく経験が大事と言われたりしますが、様々な経験をしてきた上で色んな状況を想定しつつ、その場その場で最適な守備をするというのは、長年の積み重ねがないとできないことなので凄いことですね。

 

こんな選手がチームにいると本当に助かるし、そんな選手が控えから出てくるというのは、川崎フロンターレは改めて凄いチームだなと思いました。

 

リーグ戦も終わったので残り天皇杯、タイトルをつかみ取ってほしいと思います!