サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

三笘薫選手の相手を喰いつかせて抜き去るドリブル サンジロワーズVSヘント

f:id:soccer-kansatu:20220327152041j:plain

 

ベルギーリーグ第21節、サンジロワーズ対ヘントの試合がありました。

 

2部からの昇格年での1部優勝という奇跡に向けて、現在首位をひた走るサンジロワーズ、

日本代表の三笘薫選手は、3ー5ー2の左ウイングバックで出場し、得意のドリブルや起点になるプレーでチャンスを作り出していました。

 

そして前半の終盤らへんに、三笘薫選手の真骨頂ともいえる圧巻のドリブルを見せてくれました。

 

左サイドのやや高めの位置でパスを受けると、そこからドリブルを開始し、相手をボールに喰いつかせて抜き去るドリブルをして、2人置き去りにしクロスボールをあげるとこまで持っていきました。

 

まず1人目は、

スピード0の止まった状態から右にボールを動かし、

それに相手が喰いついてきたら、サッと左に向きを変えグッとスピードを上げ

相手が足を出したくなるようなところにボールを置きつつ

相手のスライディングタックルを誘って喰いつかせて

「相手が足を出してきたタイミング」でグッと縦に持ち出し抜き去っていきました。

 

もうこの時点で左サイドの奥深くまで侵入し、ペナルティエリア外の横側から中に向かってドリブルを仕掛けている状況です。

 

そして2人目は、

そのままスピードに乗った状態で、軽く駆け引きしながら、

グッとスピードを上げて、左側(縦)に仕掛けていき、相手を喰いつかせて

「相手が体を寄せてきたタイミング」で、上手く右側にボールを動かし抜き去りました。

 

その後の中への折り返しは上手くいかなかったものの、とても面白いドリブルを見せてくれました。

 

一度で相手を抜くのではなく、

まず布石を打つような餌をちらつかせるようなドリブルをして、

相手が喰いついてきたところを上手くいなして抜き去っていくドリブルをしていて、

見ていてとても面白いです。

 

なんか釣りをしている時みたいに、

「こいこいこい、くるぞーくるぞー、はい来たー」みたいな感じで、

 

三笘薫選手はどういう意識でやっているかは分かりませんが、

相手を引っかける感じですごく楽しそうにドリブルしているように感じます。

 

一度でいいから三笘薫選手になってドリブルで相手を抜いていきたいなーと思いますね…。

 

三笘薫選手は、「スピード」「加速力」「瞬発力」「タッチの柔らかさ」を武器に、

良い「間合い」を取りながら、相手の「重心移動」を上手く利用し、

その良い「タイミング」「スピードの緩急」を上手く使いながら相手を翻弄していて、とてもお手本になる魅力的なドリブルを見せてくれます。

 

今サンジロワーズでは、なかなかボールが回ってくる回数が少ないというか、ボールタッチ数が少ない感じがして、

ポジション的にも、チームの戦い方的にも、あと新加入ということもあり、まだ仕方ないのかなと思う部分もありますが、

個人的には、もう少し三笘薫選手がボールに触る場面が増えてくると嬉しいなと思います…。

 

これからもクラブでも日本代表でも、ワクワクするような色んなプレーを見せてほしいなと思います!

 

三笘薫選手の他の記事;