サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

大島僚太選手の体を動かして前を向くボールの持ち方 川崎フロンターレVS浦和レッズ

f:id:soccer-kansatu:20220327143753j:plain

 

FUJI FILMスーパーカップ、川崎フロンターレ対浦和レッズの試合がありました。

 

やっとJリーグが始まりましたね!

まだかまだかとずっと心待ちにしていました。

 

昨年のJリーグ王者対天皇杯王者のこの試合、

フロンターレがボールを保持する時間は長かったものの、浦和の良い守備に上手くボールを回せないときや、浦和のパス回しに翻弄される時間帯も多くあったりと、

江坂任選手の2ゴールで、0対2と敗れてしまいました。

 

負けてはしまったものの、新戦力の存在感が見えたり新しいシステムの取り組みなどと、これからの戦いに期待の持てる試合でした。

 

そんな中、昨シーズンは怪我であまり試合に出場できなかった大島僚太選手は、

先発出場し、前半はインサイドハーフ後半はアンカーと、今季の活躍を期待させてくれるようなプレーの数々を見せてくれました。

 

大島僚太選手のレベルの高さはもはや誰もが認めるところだと思いますが、

止める蹴る運ぶのボールを扱う技術の高さ広い視野パスセンス動きの質の高さなど、

特に攻撃に置いて次元の違うプレーをたくさん見せてくれる選手ですが、

その中の一つで、「体を動かして前を向くボールの持ち方」が素晴らしいなと思います。

 

まず大島僚太選手は、前を向いてプレーすることが多いです。

中盤のポジションなので、色んな方向からプレッシャーが来るし、ボールを奪われる怖さはもちろんあると思いますが、

高い技術を武器に積極的に前を向き、常にゴールにつながるチャンスを伺っています。

やっぱり前を向いてプレーしてこない選手は相手からして怖くないですもんね。

 

そして前を向くための方法としては、

普通他の選手なら、”ボールを動かして”自分のプレーしやすい場所にボールを置いてプレーすると思います。

 

例えば、

後ろ向きでパスを受けたら、前を向くために自分の前にボールを動かして前を向く体勢を作ったり、

始めパスを出そうとしていたところを防がれて違う方向を向こうとしたときには、ボールを動かして違う方向を向いたりと、

”自分の体をベースにボールを動かして”調整することが多いと思います。

 

ですが大島僚太選手は、逆に”ボールをベースに体を動かして”方向を変えたりするプレーが多く見られます。

 

始めは後ろを向いてボールを隠していても、ボールと相手との距離が取れて前を向くチャンスが出来たら、ボールはそのままでサッと体を動かして前を向いたり、

パスを受けると同時に、少し前を向きやすい位置にボールを止めながら足を動かして体をサッと回転させて前を向いたりと、

 

体を動かして前を向いたり方向を変えたりして、

ボールを動かすより速くプレーして一瞬のスキやタイミングを逃さないようにしています。

 

もちろんボールを動かしながら前を向いたり方向を変えたりすることもあるので、

その場の状況によって臨機応変にやり方を変えてプレーしているのでそこも凄いなと思います。

 

でもこれは多分誰でもできることではなく、

しっかりボールを扱うことのできる本当に洗練された技術や、

自分が気持ちよくプレーするためのボールの置き場所が分かっていないと出来ないことだと思うので、

長年磨き上げてきた職人技みたいなものなのかなと感じます。

 

ワンプレーで試合を変えれる力を持っていて、見ている人たちも魅了できる数少ない選手の一人だと思うので、

今季は無事怪我無くたくさんのプレーを見せてほしいなと思います!

 

大島僚太選手の他の記事;