サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

山根視来選手の攻撃のスイッチを入れるパス 川崎フロンターレVSガンバ大阪

f:id:soccer-kansatu:20220327143753j:plain

 

J1リーグ第3節、川崎フロンターレ対ガンバ大阪の試合がありました。

 

先制されて前半を折り返しましたが、後半はボールを持つ時間も増え、ガンバの守備ブロックを少しずつこじ開けていっていた中、

 

小塚和季選手のアシストから、宮城天選手の良いトラップからの華麗なシュートが決まり、同点に追いつきましたが、すぐに追いつかれ、

 

このまま試合が終わるかと思われましたが、

小林悠選手の隙を見逃さない賢いプレーから、レアンドロダミアン選手のゴールでギリギリで追いつき、2対2の同点で試合を終えることができました。

 

あれだけ後ろに人数をかけて守ってくるガンバ相手に、しっかり点を取ってこじ開けるのはさすがというかとても素晴らしいですね。

 

そんな中、

サイドバックながら攻撃で幾度もチャンスを作り、右サイドを何度も崩していた山根視来選手は、相手の守備に何度も綻びを作っていました。

 

山根視来選手は、フロンターレの右サイドバックで多くの時間試合に出続けて、

タフで替えの利かない選手で、最近では日本代表にも選ばれている選手です。

 

「対人の強さ」「アグレッシブな守備」

「積極的な攻撃参加」「技術の高さ」

「クロスボール」「ドリブルでの突破力」など、

攻守にわたりチームに貢献している選手ですが、

 

特に、起点になる攻撃のスイッチを入れる、縦や斜め前へのパスがとても素晴らしいと思います。

 

自陣でのビルドアップのときに、

上手く前線の選手にパスを送って、相手のプレスを回避したり、攻撃のスピードを上げていくときなどでももちろんそうですが、

 

相手陣地まで押し込んでいる時に、

縦や斜め前やゴール前などに、ピュッと打ち込むような速いパスを入れ、

テンポやスピードをまた一段と上げるようなプレーが多く見られます。

 

山根視来選手のそのパスで、

チームのテンポ感やスピード感が上がるスイッチが入り、攻撃に迫力が増し

そこからチャンスが生まれたりゴールが生まれたりすることも多くあります。

 

例えば、

山根視来選手からゴール前レアンドロダミアン選手にわたり、

相手を背負ってポストプレーをして、

3人目の動きで他の選手が受けてシュートまでいったり、

 

山根視来選手からスペースで斜めのパスを受けた脇坂泰斗選手が、

その速いテンポのままチャンスを作ったり、

 

山根視来選手から家長昭博選手縦パスが入り、

そのまま上がって追い越していったり、自分も中に入っていったりして、

攻撃のスイッチも入れつつ、自分もチャンスメイクに加わったりして、

山根視来選手自身でも得点やアシストも多く、結果でも攻撃への貢献度を示しています。

 

あと、パスを入れるタイミングが良くて、

しっかり周りの状況が見えていて、味方の動きが見えているし、

 

常にすぐにパスを出せる体勢が整えられていて

パスを出すまでのモーションも速く、普通より半テンポくらい速くパスを出せるので、

 

味方の動きとのタイミングも合わせられているし、

速い分、相手に反応されてパスカットされることも少ないです。

 

後ろを固めてくる相手の守備ブロックを崩すためには、

「正確な技術」はもちろんのこと、

「スピードの緩急」「相手の裏や嫌なところをつくプレー」

「連動した動き」などが大事になってくるので、

山根視来選手のプレーは、攻守両面でとても重要なんだと改めて思いました。

 

家長昭博選手とともにフロンターレのストロングポイントの右サイドを、これからも支えていってほしいなと思います!

山根視来選手の他の記事;