サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

稲垣祥選手の広い範囲をまかなう守備 名古屋グランパスVSサガン鳥栖

f:id:soccer-kansatu:20220327150713j:plain

 

J1リーグ第3節、名古屋グランパス対サガン鳥栖の試合がありました。

 

名古屋は、早い時間帯にコーナーキックから先制点を奪うも、前半途中に返されてしまい、

その後は、鳥栖が比較的長くボールを持ち、名古屋が堅守で守るという試合展開で、

拮抗した戦いが続いていましたが、そのまま1対1の引き分けに終わりました。

 

鳥栖は、今季に入ってがらりと大幅にメンバーが入れ替わったり、

名古屋は、監督が変わったり準備期間も含めて活動を順調に進めれないなどあり、

両チームともまだまだこれから調子が上がってきそうなチームです。

 

名古屋の特徴といえば、昨シーズンの試合でも示した固い守備だと思いますが、

その堅守を支えている一人として、ボランチの稲垣祥選手の存在は欠かせないと思います。

 

昨シーズンはJリーグベストイレブンや日本代表にも選ばれて、代表でもリーグでも、

豪快なミドルシュートなど、攻撃面でも存在感を示していますが、

やはり守備での貢献度もとても高く、

広範囲に動き回り、色んな所の守備をまかなっているプレーがとても素晴らしいと思います。

 

引いて守って相手の攻撃を受けている時は、

相手が簡単に入ってこれないように、スペースを埋める役割を果たしながら、

前の選手への縦パスを通さないようなポジション取りをしたり、

 

相手が後ろでパスを回している時は、

積極的に前に出ていき、前で早めに相手の攻撃をシャットアウトしたり、

状況によっては自分のポジションから大きく離れたところまでもプレスをかけにいって守備をしたりもして、臨機応変な守備対応も行っています。

 

他にも、味方サイドバックが前や外に出て、

センターバックとサイドバックの間に大きなスペースが空いたり、

そこを相手選手がついてきたときでも、

しっかりカバーに入ってディフェンスラインも助けています。

 

サイドバックのカバーをセンターバックが全てしてしまうと、

センターバックがサイドに流れすぎて、真ん中の守備が薄くなってしまう危険性があるので、ボランチの選手がカバーに入るのはとても大事なことですね。

 

あと、この試合であったシーンで、

 

相手フォワードに縦パスが入り、

その選手が一回味方に落として、もう一度受け前を向いて、

センターバックの中谷進乃介選手と対峙していたシーンでは、

 

中谷進乃介選手は相手の正面に立ち前にフタをして、

その後ろから稲垣祥選手プレスバック(後ろに戻ってプレス)して、

相手を挟み込んでボールを奪いました。

 

味方ディフェンスの対人勝負を助けるプレーでもあって、

相手からしたら、自分の見えないところから相手にボールを奪いに来られるプレーでもあるので、とても有効なプレーでした。

 

ボランチには、色んなタイプの選手がいますが、

真ん中の真ん中という、すべての局面に関わることが多くなるポジションなので、

広範囲の守備をまかなえるというのは、やっぱりとても大切で重要な要素だと思います。

 

昨シーズンはJリーグカップ優勝したりと、

今シーズンも上位争いに喰い込んでくるであろう名古屋の、

キャプテンであり中心選手の一人である稲垣祥選手、これからも注目していきたいと思います!