サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

酒井宏樹選手の攻撃参加からのクロスボール 浦和レッズVSサガン鳥栖

f:id:soccer-kansatu:20220327150713j:plain

 

J1リーグ第4節、浦和レッズ対サガン鳥栖の試合がありました。

 

鳥栖の連動したパス回しや守備で、局面で数的優位を作られることも多く、

なかなか浦和は自分たちのペースで試合を進めることが出来ませんでした。

 

奪われた点を取り返すべく、後半は特にチャンスを多く作りましたが決めきれず、

0対1で敗れてしまいました。

 

後半流れを変えた一つの要因として、サイドバックの酒井宏樹選手高い位置を取り攻撃参加することが増えたことが大きかったと思います。

 

酒井宏樹選手は、もう多くの人が知っている通り、

「身体能力の高さ」「プレスの速さ」「対人の強さ」などの、

守備面でハイレベルなプレーを見せてくれることに加え、

「積極的な攻撃参加」「周りとの連係プレー」「クロスボールの質の高さ」など、

攻撃面でもハイレベルなプレーを見せてくれますが、

 

攻撃にどんどん参加してくるときの迫力は、やっぱり相手チームに怖さを与えているなと思います。

 

豊富な運動量でサイドを何度も駆け上がり、攻撃に厚みスピード感を加えながら、

サイドを突破していきますが、

やはりクロスボールの質がとても高いと思います。

 

「速いグラウンダーのボール」「巻いた浮き球のボール」

「高い位置からのクロスボール」「低い位置からの早めのアーリークロス」など、

色んな球種や場所からのボールが蹴れますが、

特に、味方に合わせるボールを蹴る能力が高いなと感じます。

 

蹴る選手によっては、

だいだいゴール前に入れるだとか、あの辺りに蹴るだとか、

あまり細かく考えずにクロスボールを蹴ることも多くあると思います。

まあそれでもゴールになるときはあるし、良いボールがいくこともあるので、悪くはないかもしれませんが、

 

酒井宏樹選手は、

「クロスボールを中のゴール前に入れる」と言うよりも、

「中の味方にパスを送る」というような感覚をプレーから感じ取れます。

 

微妙なニュアンスの違いですが、

味方や相手のポジショニングや動きをしっかり見たりしながら、

その場の状況に合わせてより正確なパスを送っていて、

より質高く正確なプレーをしようとする意識が多く見られます。

 

これらは当たり前のことかもしれませんが、

 

レベルが高いということは、

一つ一つのことをどれだけ質高く正確に、どれだけ速く行えるかだと思うので、

 

蹴る技術の高さや、速く強いボールを蹴る下半身や体の強さに加え、

意識や判断の良さがあるからこその、クオリティの高いクロスボールなんだと思いました。

 

そしてだからこそ、そこからチャンスやゴールが生まれる数が多くなって、

そういったプレーが魅力的に映り、周りのお手本にもなっていき、

日本代表や海外でも通用していくものになっていくのかなと思いました。

 

来週には日本代表でW杯出場をかけた大事な戦いがあるので、またそこでの活躍を見せてほしいなと思います!

 

酒井宏樹選手の他の記事;酒井宏樹選手の相手との距離の詰め方の上手さ