サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

田中碧選手の相手の嫌なところで受ける崩し 日本代表VSベトナム代表

 

W杯アジア最終予選、日本代表対ベトナム代表の試合がありました。

 

5-4ー1の形で守備ラインを作り、局面に人数をかけて守ってくるベトナム代表相手に、始めはなかなか上手くいかず、コーナーキックから失点してしまったものの、

 

徐々に日本代表も慣れてきてリズムを取り戻してきて、

吉田麻也選手良いインターセプトからそのまま攻め上がり、原口元気選手のシュートのこぼれ球に素早く反応し1点返しました。

 

その後も、

「相手DFラインの真ん中の手前のスペースのバイタルエリア」を積極的に攻め、

何度もシュートまでいくチャンスは作れたものの決めきれず、

結果1対1の同点で終わりました。

 

ⅤAR判定により幻のゴールに終わってしまったシーンもあり残念でしたね。

 

後半途中出場し、その幻のゴールを決めた田中碧選手は、

もう今や日本代表に欠かせない存在として、攻撃を活性化し何度もチャンスを演出しました。

 

高い技術と落ち着いたプレーで、パス回しを円滑にしたりチャンスを作り出したり、

攻守にわたり大きくチームに貢献している選手ですが、

 

この試合では主に、パスを出す側ではなく、パスを受ける側として、

相手の嫌なところでパスを受けて崩す役割を担っていました。

 

「相手センターバックの前のバイタルエリア

「相手のⅮFラインと中盤ラインの間のスペース

「相手と相手の間のギャップのスペース」などにポジショニングをとり、

そこでパスを受け、ゴールにつながる動きを何度も繰り返していました。

 

例えば、

右サイドの山根視来選手から、

フォワードの上田綺世選手に斜め前のパスが入り、

そのパスに合わせて三人目の動きで、

田中碧選手真ん中の空いたスペースに飛び込みシュートを打ったり、

 

左サイドの三笘薫選手から、

田中碧選手相手ボランチの間のスペースに入ってパスを受け、

それをダイレクトで前の上田綺世選手に入れ、そのまま前に走り、

上田綺世選手のシュートのこぼれ球を田中碧選手が詰めて、

結果幻のゴールに終わってしまったシーンもありました。

 

その他にも、パスが出なかったもののそこに入ればチャンスだったりと、

相手の嫌なところを突く、良いポジショニングからの良いボールの受け方で、いくつもチャンスを作り出していました。

 

バイタルエリアなどⅮFラインと中盤ラインの間のスペースというのは、

守備側は守備ブロックを作っている分、空いたスペースになり、マークが付きづらく、

突けると急所となりうる場所です。

 

そこで良い状態でパスを受けれれば、

ゴールに近いぶんシュートの確率も上がるし、そこから決定的なパスが出せたり崩しが出来たりと、ゴールに直結するプレーで得点チャンスも作れるほか、

 

そこに相手をおびき寄せて、さらに空いたⅮFラインの裏のスペースを使えたりと、

次への連続したチャンスも作りやすい場所です。

 

それと、

そこをフォワードだけじゃなく、中盤の選手が入ってくることも重要なポイントで、

フォワードが少し下がって受けてポストプレーという形だと、次のプレーが後ろにしか取りづらいけれど、

フォワードを前に残して中盤の選手が入ってこれると、

相手ディフェンスが裏を警戒して出てきづらく、前向きで受けやすかったり

次のプレーを前に選べるメリットも出てくるので、とても大事なポイントだと思います。

 

ボールを持って良いプレーをするためには、まずはパスを受けるところから始まるので、

その受けるプレーが上手いと、当然良いプレーが出来ることも増えてくると思うので、

とても大事なプレーですね。

 

上からピッチ内を見ていると分かる部分も多いですが、

ピッチ内でプレーしながら相手の嫌なところを見つけて動くというのは、やはり別次元のことだと思うので、

田中碧選手「高い戦術理解度」「チャンスを見つける目のレベルの高さ」がうかがえるし、

チャンスに多く絡んでくるのも納得のことだなと思いました。

 

無事W杯予選も終わり、また新たなメンバー争いが始まるので、

また半年後さらにパワーアップしたプレーを見せてほしいと思います!

 

田中碧選手の他の記事;

田中碧選手の狭いスペースでの球際の上手さ

田中碧選手のオフザボールで周りを見る意識

田中碧選手のパスさばき