サッカープレー観察日記

選手のプレーの魅力が「読んで分かる」を目指した、サッカーファンのためのブログ

鈴木優磨選手の味方を活かすプレー 鹿島アントラーズVS清水エスパルス

f:id:soccer-kansatu:20220327150713j:plain

 

J1リーグ第6節、鹿島アントラーズ対清水エスパルスの試合がありました。

 

鹿島アントラーズは、

アグレッシブで強度の高い守備や、長短のパスを上手く使い分けた攻撃で、

清水に先制点を許したものの、

松村優太選手のクロスボールから鈴木優磨選手のヘディングゴールで同点に追いつき、

後半ロスタイムに、

鈴木優磨選手の柔らかいクロスボールから、上田綺世選手の打点の高いヘディングシュートで逆転し、2対1で勝利を収めました。

 

この試合1ゴール1アシストを決め勝利の立役者となった鈴木優磨選手ですが、

数字を残すとともに、前線で攻撃の起点となるプレーでチームを牽引していました。

 

今季から鹿島アントラーズに復帰して活躍を続けている鈴木優磨選手ですが、

高い身体能力精神的強さを武器に、ゴールに絡むターゲットとしての役割も、

攻撃の起点を作るポストプレーなどでチャンスを作る役割も果たせる選手で、

自分が活きながらも、周りの味方を活かすプレーが出来る選手です。

 

その中でも特に、前線で周りを活かすポストプレーが素晴らしくて、

「パスを受けて、はたいた後の味方を活かす」とともに、

「パスを引き出して、そこに出す味方の良さも活かせるプレー」を行っています。

 

縦パスやロングボールを前線で受け、

体を張りながら相手を背負いながらボールを収めて、

味方の動き出す時間を作ったり、ボールを前に進めたりして、

周りの味方が前向きでプレーできるような攻撃のタメを作っていて、

攻撃陣に多くのタレントを擁する味方を活かすプレーをしています。

 

ショートパスをつないで前に進んでいく形ももちろんいいですけど、

一つ前線にパスが入りそこにボールが収まると、

 

それと同時にそこに相手の意識が集中したり、相手のラインが下がっていったりするので、

周りの味方のマークが薄れたりスペースが出来たりして、

且つ、前からバックパスをもらう形になるので、

自然に次の味方が前向きでパスを受けれるので、攻撃のオプションの一つとしてとても有効なプレーになると思います。

 

それと、

ディエゴピトゥカ選手樋口雄太選手三竿健斗選手など、パス配給力やフィード力に優れた選手も多くいるので、

前線で受けて収めれる選手がいると、

その味方のパス能力も活かせるので、

そこにパスを出す方の味方の良さも活かせるプレーでもあり、

チームの攻撃の幅やオプションも増え、相手も守りにくくなります。

 

この試合後半開始早々の幻のゴールも、

鈴木優磨選手が後ろからのロングボールでターゲットとなるところから始まったし、

1点目のゴールの松村優太選手の素晴らしいクロスボールも、そこで合わせれたからこそゴールにつながったものだと思うので、

 

「受けてはたいて味方を活かすプレー」ももちろん素晴らしいし、

「パスを出させて味方を活かすプレー」もとても素晴らしいなと思いました。

 

サッカーはチームスポーツなので、上手い選手を11人集めただけでは強いチームは出来ないと思うので、

色んなタイプの選手がいて、その味方同士が活かし活かされながらプレーするという事がとても大事なことで、その力が合わさってこそ強くなるんじゃないかなと感じました。

 

Jリーグで活躍していくとともに、日本代表のFW争いにも食い込んできそうな選手なので、これからも注目して見たいと思います!