サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

家長昭博選手の独特のリズム感に引き込む時間を作るプレー 川崎フロンターレVSアビスパ福岡

 

J1リーグ第13節、川崎フロンターレ対アビスパ福岡の試合がありました。

 

福岡の固い守備をどうフロンターレが崩していけるかという試合展開で、

前半は慎重に丁寧に攻めるような感じで、シュート数もあまり多くなく無得点で折り返しましたが、

後半に素晴らしい流れの崩しからの遠野大弥選手のゴールと、

コーナーキックからの車屋紳太郎選手のヘディングゴールで、

2対0と勝利を収めました。

 

相手を動かして崩すだったり、ボールを保持して時間を進めるだったりと、

フロンターレらしいテンポの良いパス回しも随所に見れて、

内容結果とともに良い試合だったと思います。

 

そんな中、ベテランらしい落ち着きや熟練したプレーで、輝きを放ち続けている家長昭博選手は、相変わらずの活躍でチームを大きく牽引していました。

 

ピッチに君臨しているという表現がピッタリなほど、強烈な存在感や安心感を放っている家長昭博選手ですが、

独特なリズム感に引き込むようないろんな形で時間を作るプレーがとても素晴らしいと思います。

 

もう誰もが承知済みのような、抜群の体の強さでボールをキープするキープ力では、

しっかりと相手とボールの間に体を入れて、

右手で相手を抑えながら、相手から遠い左足でボールを持ち、

相手に触らせない位置にボールを置きながら、

 

相手が加えてくる力に対して、それを上回る力で対応して相手を制したり、

あえてその当たりを受けて力を吸収して受け流したり利用して逆を取ったり

足元のテクニックでいなしたりして、

押したり引いたりの駆け引きもしながら、まさに「柔」と「剛」を両方使いこなしてボールをキープしてタメや時間を作っています。

 

少し不利な状況になったときだとかは、上手くファールをもらいまた仕切り直す時間を作ることもさすがのプレーですね。

 

そしてそのキープ力を活かすように、

相手はどうせ簡単には取れないからなかなかガツガツ奪いに来ることはないので、

ボールを持つということだけで時間が生まれて、味方の動きを促したりチームのリズムを取り戻したりと、自分たちの時間を作り出すことも出来ています。

 

他にも、ボールを持ってドリブルの時だけはなく、

家長昭博選手が絡んでボールが動いている時は、独特のリズムが流れています。

 

持たれると取りに行けない圧力に加え、相手と相手の間で受ける、出したら動く、などを繰り返したり、

ダイレクトで素早くはたいたり、相手を動かす遊び球を使ったりと、

正確な技術と駆け引きを使って上手くパスを回してボールを動かし、

チームの時間を作っていたり、

 

様々なポジションチェンジで落ち着いてパスが回せるように助けに入ったり、

自分たちのゴール近くで、奪われたら危ないリスクがあるような場所でも、

行けると判断した時はクリアせずにパスをつないで突破することも、マイボールの時間を長く作り出すための素晴らしいプレーだと思います。

 

同じような人も多くいるかもしれませんが、

家長昭博選手のプレーに、感心させられるというか、脱帽させられるというか、

「うわ~すごいな~」と思わず笑ってしまうようなことがよくあります。

 

いろんな手札を持っていて次はどれを出してくるんだろうとワクワクする気持ちもあり、

強烈な自信を感じる引き込まれるプレーに魅了されたりと、

独特なリズムを作り出すプレーの数々でとても楽しませてくれます。

 

サッカーは勝負なので、勝つことにもちろん100%の力を注ぎながらも、

やっている側だけではなく、見ている側も楽しませてくれるプレーをしているのはとても凄い事ですね。

 

本物を感じる稀有な存在のプレーをこれからも楽しみにしたいと思います!

 

家長昭博選手の他の記事;