サッカープレー観察日記

川崎フロンターレや日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているブログ

伊藤純也選手の速いスピードの中での正確なパスの供給 日本代表VSチュニジア代表

 

キリンカップ、日本代表対チュニジア代表の試合がありました。

 

チュニジア代表の、準備された組織的な守備に苦戦し、

パスが上手く回らなかったり、相手の守備を上回る攻撃が出来ない時間も長く続き、

自分たちのミスも響き失点を重ねてしまい、

結果0対3で負けてしまいました。

 

悔しい敗戦でしたが、4連戦の最終戦でこれから各チームで個を高めていく中、

次につながる大きなエネルギーとなり、今後の更なるレベルアップに活かされていくんじゃないかと思います。

 

そんな中、W杯で強豪と戦う中でも重要な鍵になりそうな、

アタッカー陣の個の力での突破の攻撃は、良いものを見せてくれたと同時に可能性やワクワクを感じさせてくれましたが、

その一人である右ウイングの伊藤純也選手は、間違いなく日本の攻撃の大きな武器になっていると思います。

 

スピードに乗ったドリブル精度の高いクロスボール球際での駆け引きの上手さなどの攻撃面に加え、

前線からのプレッシングプレスバックなど、守備面での貢献度も高い選手ですが、

 

その中でも、速いスピードの中での正確なパスの供給がとても素晴らしいなと思います。

 

通常、プレーのスピードが上がると、

それに伴って視野が狭くなりがちだったり、技術的ミスが起こりやすくなってしまったりするのですが、

伊藤純也選手は、速いドリブルの中でもタイミング良く精度の高いパスを味方に送ることが出来ています。

 

この試合でも、

右サイドをドリブルで駆け上がり、スピードを落とさずそのままの流れの中から鎌田大地選手絶妙なクロスボールを送ったり、

 

右サイドを崩して速いプレースピードの中から浅野拓磨選手絶妙なクロスボールを送ったり、

 

前回のガーナ戦でも、

速いドリブルの突破から、前田大然選手に柔らかいパスで合わせたりと、

 

スピードに乗ったドリブルやプレーの中でも、

周りがよく見えていて良い判断が出来て、なおかつパスやクロスボールの精度も高くて、

当たり前のようにやっているように見えますが、とても凄いプレーだなと思います。

 

選手のレベルを計る基準の一つとして、

同じようなことでもどれだけ「正確」「速く」出来るかということがあると思いますが、

伊藤純也選手のあの速さからのあの正確なプレーは、

「スプリント力」「技術力」「足腰や体幹の強さ」「頭の回転の速さ」など、

間違いなく高いレベルを表しているなと感じます。

 

もちろん伊藤純也選手も始めから出来たわけではなく、

長い時間をかけての日々の積み重ねが生んだ賜物だと思うので、

これからの更なる成長や、どれだけ高いレベルまで到達したプレーを見せてくれるのか楽しみですね。

 

今後も、競争の激しいポジション争いを勝ち取って、W杯で強豪を打ちのめすようなプレーを期待したいと思います!

 

伊藤純也選手の他の記事;