サッカープレー観察日記

川崎フロンターレや日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているブログ

川崎フロンターレの魅力的なところvol.2 「右サイドの連係プレー」

 

川崎フロンターレの魅力的なところvol.2 

「右サイドの連係プレー」

 

川崎フロンターレの右サイド、

右ウイングの家長昭博選手と右サイドバックの山根視来選手を中心とした攻撃は、

フロンターレの大きなストロングポイントとなっています。

 

抜群の安定感でのゲームメイクができ、違いを作れる家長昭博選手

積極的な攻撃参加で、サイドバックながら攻撃センスを光らせる山根視来選手

個の能力でもそれぞれ代表級の力を持っている選手たちですが、

2人が合わさるとさらに良い攻撃がいつも見られますね。

 

家長昭博選手のキープやタメで時間を作り、山根視来選手が内側に外側にと果敢に攻め上がってくる形や、

山根視来選手がボールを持って、家長昭博選手が良い位置で受けてチャンスを作ったりする形など、

 

お互い出し手でも受け手でも活きて、タイミングも上手くかみ合っていて

相性の良さをとても感じるし、

色んな多彩な攻撃パターンでフロンターレの右サイドに強みを作り出し、チャンスやゴールをいくつも演出しています。

 

そしてこの二人だけではなく、インサイドハーフの脇坂泰斗選手が絡んできた時は、より素晴らしい連携プレーが見られます。

 

3人で色んな形の三角形を作り出しながら、

ワンツー3人目の動きからの崩し、

緩から急や、急から緩などのメリハリのある攻撃

ハーフスペースの深い位置(ペナルティエリア内の横側らへん)の攻略など、

 

上手く連携してそれぞれを活かし合うプレーの数々はとても素晴らしいです。

 

そして、攻撃の面だけではなく守備の面でも、

家長昭博選手があまり守備のために下がりすぎないように、山根視来選手がバランスを取ったり、

相手にチャンスを作られそうなときは、状況を見て家長昭博選手がしっかり深い位置まで戻ったりなど、

 

守備の場面でもお互い上手く連携しながら、自分たちの良さを消さずに活かすやり方をしているなと思います。

 

個の力だけだと、プレーの選択肢は限られてしまいますが、

2人3人と絡んで連携したプレーが出来ると、

1+1が3にも4にもなって多彩なプレーの可能性が出てくるし、数的不利な場面でも優位な状況を作り出せたりもするので、

 

チームスポーツであるサッカーには、選手同士の連携はとても大切な要素だと思います。

 

他の周りの選手や関わり方によっても、また違う形の連携やプレーも見られると思うので、色んなパターンが見られるのも今後も注目ですね!

 

川崎フロンターレの魅力的なところの前後の記事;