サッカープレー観察日記

川崎フロンターレや日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているブログ

川崎フロンターレの魅力的なところvol.3 「複数ポジションをこなせる選手の多さ」

 

川崎フロンターレの魅力的なところvol.3

「複数ポジションをこなせる選手の多さ」

 

川崎フロンターレは、複数のポジションをこなせる選手が多くいることがチームの強みの一つになっていると思います。

 

例えば、

大島僚太選手がアンカー(AN)、ボランチ(DMF)、インサイドハーフ(IH)、

家長昭博選手が右ウイング(RWG)、トップ下(OMF)、インサイドハーフ(IH)、

車屋紳太郎選手がセンターバック(CB)、左サイドバック(LSB)、

 

チャナティップ選手遠野大弥選手がウイング(WG)、インサイドハーフ(IH)、

谷口彰悟選手山村和也選手がセンターバック(CB)、ボランチ(DMF)など、

2つ3つを本職並みに高いレベルでこなすことができたり、

 

橘田健人選手がアンカー(AN)、ボランチ(DMF)、インサイドハーフ(IH)、サイドバック(SB)、

塚川孝輝選手が、ボランチ(DMF)、センターバック(CB)、サイドバック(SB)、アンカー(AN)などと、

3つ4つそれ以上と、多くのポジションをこなせたり、

 

他にも、

小林悠選手知念慶選手がウイング(WG)やワントップ(CF)、ツートップ(CF)を柔軟にこなせたりと、

 

一つのポジションだけではなく、色んなポジション、

それも役割の大きく変わってくるところでも十分にやれているところが素晴らしいなと思います。

 

少し前で言うと、

旗手怜央選手がインサイドハーフ(IH)、ウイング(WG)、左サイドバック(LSB)と、

チームでも五輪代表でもあらゆるところでプレーしていたこともありましたね。

 

複数ポジションをこなせる選手が多くいると、

 

相手によってシステムなど戦い方を変えるときなどに、必要以上に交代選手を使わなくてもピッチ内のポジションチェンジで対応できるし、

 

相手との相性や試合の流れなどによって、

選手のポジションを変えた方が有利に戦えそうな時などでも、すんなり変えやすくなって、バリエーション豊かなサッカーが出来たりするほか、

 

怪我人や退場選手が出たときに対応しやすかったりと、

もしポジションに選手の穴が開いた時でも他の選手でカバーしやすくなったりして、

チームマネジメントもよりやりやすくなったりと、

メリットがたくさんありますね。

 

他にも、いろんな役割をこなすことができると、

チーム規模のところだけでなく個人規模のところでも、

 

旗手怜央選手のように攻撃面でも良いプレーが出来るサイドバックだったり、

家長昭博選手のようにゲームの作れるウイングだったり、

車屋紳太郎選手のようにドリブルでボールを前に運べるセンターバックだったりと、

 

違うポジションでの利点が他でも活きてプレーの幅も広がるので、とても良いことだと思います。

 

もちろん複数のポジションをこなすことは簡単ではなく、

それぞれのポジションの役割を頭で理解して実行できないといけないし、

それぞれで必要とされてくる技術や身体能力も大事になってきます。

 

それらが出来る柔軟性や戦術理解技術や身体能力などを選手自身が兼ね備えてこそ出来ていることだと思うし、

鬼木達監督を中心としたコーチングスタッフの指導力などのマネジメント力が高い証でもあると思うので、

とても凄いことだなと思います。

 

現代のサッカーはよりいろんなプレーの要求が高くなってきていると思うので、

色んなポジションをこなすユーティリティさはとても大事なことですね。

 

フロンターレが今後もどんなバリエーション豊かなサッカーを見せてくれるのか、これからも楽しみですね!

 

川崎フロンターレの魅力的なところの前後の記事;