サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

大島僚太選手のチャンスを見逃さない視野の広さ 川崎フロンターレVSジュビロ磐田

 

J1リーグ第18節、川崎フロンターレ対ジュビロ磐田の試合がありました。

 

リズムとテンポの良いパス回しで、ボールも主導権も握りながら試合を優位に進め、

谷口彰悟選手の素晴らしいパスを山根視来選手がうまく合わせて先制点を奪うも、

 

戦い方を変えてきた相手に徐々にペースを戻され始めて、

セットプレーから失点してしまい、そのまま1対1の同点に終わりました。

 

ずっと見ていたくなるようなフロンターレの華麗な試合運びでしたが、

その中で追加点がなかなか奪えず、失点して同点で終わってしまったのはもったいなかったですね。

 

そんな中、

その素晴らしいパス回しに大きく貢献した、大島僚太選手ボールの関わり方パスさばきはとても素晴らしく、一味違う感じを見せてくれていました。

 

大島僚太選手と言えば、

トラップ、パス、ドリブルなどのボールを扱う技術がとても高く

一発で試合を変えれるようなプレーもでき、柔軟で上手く、類まれなるサッカーセンスを持った選手ですが、

 

それらを活かすような、チャンスを見逃さない視野の広さがとても素晴らしいなと思います。

 

鋭い縦パスや、相手の裏を取るフワッとしたパス、遠いサイドへのロングパスなど、

展開のパスでも打開のパスでも、いろんなタイミングや場所への素晴らしいパスを見せてくれますが、

それらのパスの出しどころを見つけるのがとても凄くて、一瞬の隙やチャンスを逃さず突いています。

 

大島僚太選手は、

ボールを持っていない時に、首を多く振って見たり体の向きを作りながら見たりして、周りの状況を常に確認していたり、

ボールを持ってからも、足元の技術が高い分ボールを見る時間を減らせて周りを見る時間を長く作れるので、

 

味方が良い動きをすればそこをちゃんと見つけて的確なパスを出すし、

ピッチ全体を広く把握して、空いたスペースがあればそこにボールを動かしていったり、

相手が少し守備の動きが遅れて、パスの通り道ができたときは逃さずそこを通してくるし、

 

常に広くいろんなところが見えていて、それを成功させる高い技術も持ち合わせているので、チャンスを見逃さずバンバン良いパスを通していきます。

 

そしてパスの出し手側だけではなく、

自分が受け手としても、前線に空いたスペースがあればグッとスピードを上げてそこに入っていく動きをしたり、

おとりとなってスペースを空ける動きをして、味方のチャンスを作り出したりして、

 

周りの状況を見ながらいろんなやり方でチャンスを作っていくのがとても素晴らしいです。

 

あと、視野が広くていろんなところが見えているのはそれだけでも十分凄いことだと思うのですが、

大島僚太選手は、チャンスを見極める目がとても凄いんだなと感じます。

 

視野が広くて逆サイドまで見えているとか、周りの状況が把握できていてボールを簡単に奪われないとか、そういう部分も凄いと思いますが、

 

ここに出せれば相手を崩せるとか、

こっちよりこっちに出した方がチャンスになるとか、

そういう1個2個先の未来が見えているような正しい優先順位に沿ってプレーを選べているようなところが

他とは違うというか、独特の魅力を放っているんじゃないかなと感じます。

 

ピッチ外で見ていてもそこに出すのかと驚かされることもありますが、

ピッチレベルでそれらが見えていてプレーしているので、

ちょっと想像できないほどの非凡な高度な目や頭脳が備わっているんだろうなと思いますね。

 

一度でいいから大島僚太選手になってサッカーしてみたいものです…。

どんな景色が見えるのか、どれだけサッカーが楽しいのか、想像するとワクワクしますね…。

 

大島僚太選手の復帰は必ずフロンターレに大きなプラスをもたらすだろうし、

これからジェジエウ選手登里享平選手の復帰も残っているので、

3連覇に向けてまたこれから一つ一つ素晴らしい試合を見せてほしいなと思います!

 

大島僚太選手の他の記事;