サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

川崎フロンターレの魅力的なところvol.5 「狭いスペースの中でのパス回し」

 

川崎フロンターレの魅力的なところvol.5

「狭いスペースの中でのパス回し」

 

川崎フロンターレはとてもパス回しの上手いチームですが、

その中でも、狭いスペースの中でも3人4人5人と数人が上手く関わって

変わらずポンポンとパスを回し続けれるのが凄いと思います。

 

サイド奥深くで崩しにかかる時だったり、中盤で相手のプレスをはがすときだったりと、

 

狭い局面に相手が何人もいて、相手との距離が数メートルくらいしかないような状況でも、

まるで鳥かごなどの練習のように、落ち着いてボールを奪われずにパスを回すことが出来ます。

 

狭いスペースの中だと、

より相手からのプレッシャーを感じたりちょっとのミスやずれが致命的になったりするのですが、

 

相手につかまらない微妙な位置にポジションを取りながら、動き直しをしながら、

正確な技術でずれの少ないトラップ&パスを繰り返し、ダイレクトも織り交ぜたり、

フェイクを入れて相手を動かしたりボールを動かして相手を動かしたりしながら、

相手を弄ぶかのようなパス回しは見ていてもとても楽しいですね。

 

特に、家長昭博選手大島僚太選手脇坂泰斗選手が絡んでいるときはワクワクするし、

今までで言ったら、中村憲剛選手田中碧選手旗手怜央選手が関わっているときも凄く見ていて楽しかったです。

 

それに、ただボールを奪われずにパスを回すだけじゃなく、

 

そこに相手を引き付けておいて空いたスペースを利用したり、

ゆっくり回していたと思いきや一気にスピードアップした攻撃に切り替えて緩急で崩しにかかったりと、

次の攻撃の布石にもなっているところもさすがですね。

 

あとたまに、この状況なら広く展開した方が良いなと思うようなときもあるのですが、

そんなときでもあえて狭いスペースでのプレーを選んでいるようなときもあって、

 

強気な姿勢のやったろう感や自信が見えて、そういったところも個人的には好きなところだし、魅力的なところかなと感じます。

 

フロンターレの独特のリズム感というか空気感のあるプレー、今後も楽しみです!

 

川崎フロンターレの魅力的なところの前後の記事;