サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

谷口彰悟選手の空中戦の強さ 川崎フロンターレVSセレッソ大阪

 

J1リーグ第19節、川崎フロンターレ対セレッソ大阪の試合がありました。

 

相手は前から積極的にプレスをかけてきましたが、

人数をかけてパスコースを多く作ったり、ポジションチェンジをしたり、相手の嫌なところにポジションを取ったりして、

上手くパスを回してボールを動かして、自分たちのリズムで試合を進めていき、

 

コーナーキックから谷口彰悟選手のヘディングゴールで先制点を奪いましたが、

セットプレーで2失点してしまい、結果1対2で負けてしまいました。

 

チャンスは多く作れていたものの、決めきれず相手を突き放す得点が奪えず、

この試合ももったいない形で勝ち点を落としてしまい残念でしたね。

 

でも、長いシーズンなので良くない時期は必ず来るものだと思うので、

この時期の得点力不足をバネにして、またこれから破壊力のある攻撃を見せてくれると思います。

 

そんな中、先制点を決めた谷口彰悟選手は、強いリーダーシップでチームを引っ張るとともに、攻守にわたり活躍していました。

 

落ち着いた安定した守備対応や、ビルドアップ縦パスなど、

攻撃でも守備でも精神面でもチームに欠かせない存在ですが、

やっぱり空中戦の強さはとても秀でたものを持っていると思います。

 

守備でのセットプレーやロングボールやクロスボールの対応、攻撃のセットプレーなど、守備でも攻撃でも輝きを放っていて、

 

コーナーキックなどからヘディングで決めたりアシストしたり

相手との競り合いに勝ってボールをはね返していたり、

ゴール前でのピンチをヘディングで防いでいるところなどはよく見る光景です。

 

ボールの落下地点をいち早く読んで相手とのポジション争いを制し、

しっかり前にはね返せる体勢を作り

相手と競るときは半身になって上手く腕も使いながら、

ジャンプ力に加えタイミングもとても良くて、空中戦での勝率はとても高いものを持っていると思います。

 

もし先に相手に落下地点に入られてボールを収められそうになった時には、

上手く相手を抑えて抱えながら足だけ伸ばしてはね返す場面もあり、臨機応変な対応も凄いところです。

 

そしてただクリアしたりはね返したりするだけじゃなく、

そのボールをしっかりパスに変えたりもしている、

高くて強いだけじゃない上手いヘディングはとても素晴らしい魅力的なプレーですね。

 

あと、谷口彰悟選手空中戦の能力が高いだけではなく、

危機察知能力が高いからこそ数々のピンチを防ぐことが出来ているんだと思います。

 

空中戦の強い相手に谷口彰悟選手がマークをつくことが多いからということもあると思いますが、

危ない場面で颯爽と現われてピンチをはね返してくれることが多くあります。

 

長年の経験や読みで、ここにきそうとかこのスペースが危ないなどがおそらく分かっていて、

事前にしっかり準備し、そこにいち早く反応できるからこそ出来ることだと思うのでとても凄いですね。

 

セットプレーやクロスボールは大きな得点源でもあり試合結果を左右するほどの重要なものだし、

空中戦の強さはとても大事なことなので、

谷口彰悟選手のように足元も空中も両方強いセンターバックというのは、今の時代のサッカーには必要不可欠な存在ですね。

 

現在3位で1位とは6ポイント差がありますが、

この逆境をはね返し巻き返していくフロンターレの強い姿をこれから楽しみにしたいと思います!

 

谷口彰悟選手の他の記事;