サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

川崎フロンターレの魅力的なところvol.9 「選手間の距離感の良さ」

 

川崎フロンターレの魅力的なところvol.9

「選手間の距離感の良さ」

 

川崎フロンターレはボールを保持している攻撃時の、選手同士の距離感がとても良いと思います。

 

近すぎず遠すぎずのバランスを保ちつつも、

近い距離感で、局面をテンポの良いパス回しで崩す時もあれば、

遠い距離感で、ピッチの幅を広く使い相手を広げたりスペースを作り出したりして、

 

状況によって、優位に試合を進められるように距離感を上手く取っているのが素晴らしいと思います。

 

距離を近く保って周りがサポートにいけると、

パスの距離が短い分、単純な技術ミスのずれも少なくなるし、

ボールが人から離れている時間も短くなるので、インターセプトされにくかったりして、パスを奪われにくくなります。

 

他にも、距離が近いと選手同士の連携も生まれやすくなって、

ワンツーやダイレクトプレーなどのテンポの良いプレーもしやすくなるし、

 

もしボールを失ってしまった時にも、

近くに味方が多くいるので、速く切り替えればすぐに相手にプレッシャーをかけていけて、即座に奪い返しやすくもなるので、

メリットは多くあると思います。

 

逆にその分、狭いスペースの中でも正確にボールを扱える技術や、判断の速さも必要になるし、状況によって距離感を掴むのは難しいことですが、

フロンターレの選手たちはそれらが高く備わっているので、実現出来ているのだろうと思います。

 

それに、

近くにサポートして局面を崩したり相手を引き寄せる役割をしている選手もいれば、

逆サイドや遠くにいて、ピッチを広く使って相手守備陣を広げたり相手をその場に留めさせておいたりして、スペースを使った攻撃に備える役割の選手、

後ろの方で安全に待っていて、攻撃が詰まったときなどの逃げ道として待っている役割の選手など、

 

チーム全体の距離感のバランスも良くて、

11人が上手く連動して良いポジションをとって戦っているので、そこの部分もとても素晴らしいですね。

 

フロンターレはチームとして戦えているなと凄く感じますが、

選手間の距離感の良さがその大きな要因の一つなんじゃないかな思います。

 

チームや個の、良さや強みを上手く引き出せているサッカーに今後も注目です!

 

川崎フロンターレの魅力的なところの前後の記事;