サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

三竿健斗選手のセカンドボールへの反応の意識 鹿島アントラーズVSセレッソ大阪

 

J1リーグ第20節、鹿島アントラーズ対セレッソ大阪の試合がありました。

 

取って取られての試合展開で、鹿島アントラーズは先制点を許したものの、

アルトゥールカイキ選手鈴木優磨選手の見事なゴールで逆転し、またさらに2失点し逆転されましたが、最後にエヴェラウド選手のスーパーゴールで同点に追いつき、

結果3対3の同点に終わりました。

 

エヴェラウド選手の豪快で華麗なオーバーヘッドキックは、今季のベストゴールに選ばれそうなくらい見事なゴールでしたね。

 

そんな中、

この試合アンカーで出場した三竿健斗選手は、チームの軸として攻守にわたり活躍していました。

 

三竿健斗選手といえば、

広範囲にアンテナを張りつつ全体のバランスを取りながら、

攻撃ではつなぎ役となり、守備では潰し役となりながら、中盤でもセンターバックでも高いレベルでこなせる選手ですが、

 

その中でも、セカンドボールへの反応の意識がとても素晴らしいと思います。

 

三竿健斗選手は、

クリアボールやこぼれ球、空中戦の競り合いの後のボールなど、

セカンドボールをいち早く拾えることが多くあります。

 

ゴールキックなどの競り合いの後のこぼれ球を拾ったり、

相手の苦し紛れのパスの行き先に対して、プレスをかけて奪いに行けたりと、

 

今起こっているプレーの次のことを予測しながらしっかり準備していて、

ボールが来そうなところにあらかじめポジションを取っていたり、こぼれてきたボールに対して素早く反応できていて、

どっちでもないルーズボールをしっかり回収することが出来ていると思います。

 

それと、セカンドボールやルーズボールをしっかり回収できているだけじゃなく、

そこへの反応が速いことによって、三竿健斗選手良さがより引き立てられていて

 

攻撃では、

ルーズボールをきっちり拾ってパスをつなぐことによって、より安定したつなぎ役としてプレーすることが出来ているし、

 

守備では、

ボールのところに速く反応出来ることによって、もし相手にボールを持たれてもそこに素早くプレスをかけれて、早い段階で潰すことが出来ているし、

 

三竿健斗選手特徴を助長するような陰で支えているような、素晴らしいプレーだなと感じます。

 

セカンドボールは試合の中での大事なポイントの一つで、

ここを拾えると拾えないでは攻撃になるか守備になるかが変わってしまい、その後の試合の流れも左右してしまうプレーでもあるので、

上手く回収できる選手がいるというのはチームにとってもとても重要な存在ですね。

 

今月行われるEー1選手権で日本代表にも選ばれてきそうな選手で、

フルの日本代表にも食い込んできてもおかしくない選手だと思うので、今後も活躍を注目したいと思います!

 

鹿島アントラーズの他の選手の記事;