サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

脇坂泰斗選手の正確なキックが生み出すチャンスメイク 川崎フロンターレVSガンバ大阪

 

J1リーグ第21節、川崎フロンターレ対ガンバ大阪の試合がありました。

 

早い段階で相手に退場選手が出た影響もありつつ、

得意の良い立ち位置を取ったパス回しや、鋭い縦パスからの打開、

素早い攻守の切り替えや、スピーディーな攻撃などで試合を優位に進め、

 

マルシーニョ選手レアンドロダミアン選手の良いコンビから2得点、

脇坂泰斗選手の1得点、家長昭博選手のバイシクルシュートのスーパーゴールからの1得点で、結果4対0で勝利を収めることができました。

 

最近の課題だった追加点を奪う事にも成功し、

なにより、家長昭博選手のバイシクルはとても素晴らしいゴールでした。

 

利き足ではない方の右足で、あんなきれいな体勢で強烈なシュートを叩き込めるなんて、

圧巻で脱帽する最高にしびれるゴールでしたね!

 

そんな中、

1得点をあげ、他2得点にも絡んだ脇坂泰斗選手は、持ち前の技術の高さで光るプレーをたくさん見せてくれていました。

 

脇坂泰斗選手は、

止める・蹴る・運ぶなどボールを扱う技術がとても高く

相手を置き去りにするファーストタッチや、パスを受けるポジショニングの良さなど、

特に攻撃面で魅力的なプレーをたくさん見せてくれて、上手さを存分に感じさせてくれる選手ですが、

 

その中でも、

正確なキックが生み出すチャンスメイクはとても素晴らしいなと思います。

 

この試合でも何度もチャンスを作り出していましたが、

セットプレーのキッカーとしてや流れの中でのパスなど、脇坂泰斗選手クオリティの高いキックからのチャンスメイクは、フロンターレの攻撃の良いアクセントとなり大きな武器の一つになっていると思います。

 

キックそのものの質が高いのにプラスして、視野が広く周りがしっかり見えているので、

時間やスペースが限られている状況でも素晴らしいパスが出せていて、

 

味方がタイミングよく動き出したときに、

それを逃さず見つけてここしかないというタイミングでも、そこに柔らかいフワッとしたパスでも鋭いビシッとしたパスでも出せるし、

 

相手がコンパクトにスペースを埋めてきていて、狭くてパスコースが限られているときでも、隙間を縫うようにそこに正確にパスを出せるし、

脇坂泰斗選手のキックから色んなチャンスが生まれます。

 

それに、

ファーストタッチがとても上手いので、一発で自分の蹴りやすいところにボールを置けたり、次のキックのことをあらかじめ考えて止めることが出来るので、

 

その上手いファーストタッチがパスやシュートの良い準備となり、

より正確な素晴らしいキックにつながっているんだと思います。

 

「まさにゴールへのパス」というような綺麗に流し込むようなゴールや、

「味方にピンポイントに吸い込まれていくようなパス」など、今までに何度も華麗なプレーを見せてくれていますが、

脇坂泰斗選手の右足から生まれるフロンターレの素晴らしい攻撃をもっとたくさん見たいですね。

 

サッカーにはボールを持っていない時に大切なことはたくさんありますが、

世界のトップレベルを見ると、ボールを扱うシンプルな基本技術の高さがやはり違うなと感じることも多いので、

ボールを持った時のクオリティの高さはとても大事なことだと改めて感じました。

 

今季リーグ戦2回目の3得点越えや、鬼木達監督が不在の中でのチーム力の高さ、

登里享平選手の復帰など、ポジティブな要素もたくさんある中なので、

この勢いのまま次の試合も、しっかり勝ち点を積み重ねて面白い試合を見せてほしいなと思います!

 

脇坂泰斗選手の他の記事;