サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

橋本拳人選手のチームのバランスを考えたプレー ヴィッセル神戸VS鹿島アントラーズ

 

J1リーグ第22節、ヴィッセル神戸対鹿島アントラーズの試合がありました。

 

お互い特徴を活かしながら互角の戦いを繰り広げ、

大迫勇也選手の素晴らしいゴールで神戸が先制するも、

鈴木優磨選手の落としから和泉竜司選手のゴールで追いつかれ、

退場者を出したりと激闘の末、両者譲らず1対1の同点に終わりました。

 

そんな中、今週から始まるEー1選手権の日本代表に選ばれた橋本拳人選手は、

アンカーやボランチの一角でフル出場し、チームに大きく貢献していました。

 

橋本拳人選手と言えば、

パスでの展開力や守備でのボール奪取力などを武器に持っていて、ここ数年日本代表にもコンスタントに選ばれている選手ですが、

 

その中でも、周りの状況を考えながらのチームのバランスを取ったプレーは素晴らしいと思います。

 

攻撃面では、

イニエスタ選手などタレントが多くいるのでそこにメインは任せていて、

あまり前に出すぎてスペースを消してしまわないようにや、守備に切り替わったときのために備えていたりと、シンプルなプレーに徹してチーム全体のバランスを取りながらプレーしています。

 

守備面では、

リスク管理をしっかりしていて、あまり無理して飛び込んでいくことは少ないながらも、

奪いに行ける時は行って、ボールに対するプレスのスピードが速い積極的なボール奪取を見せています。

 

行くところと行かない所の判断が良くて、ボールを奪ったりパスで逃げさせたりと、

相手のチャンスを摘む守備がとても素晴らしいなと思います。

 

あと、味方のセンターバックやサイドバック同士の間のスペースが広く空いてしまったりして、

ディフェンスラインの隙間を相手が突いてきたときのカバーリングなどもさすがで、何度もピンチを防いでいました。

 

こういったチーム全体のバランスを見ながら上手く調整やフォローをしてくれる選手がいると、周りの選手もプレーしやすくなるだろうし、

 

タレントを多く擁するヴィッセル神戸のようなチームでは、個々の良さをつなげるようなバランサー的存在は必要不可欠だと思うので、とても良い役割を果たしているなと感じます。

 

橋本拳人選手は、

ヴィッセル神戸がこれから順位をどれだけ上げてくるかのカギになる選手だと思うし、

日本代表では競争の激しい中盤で生き残れるかの戦いもあり、今後の活躍も注目です!

 

ヴィッセル神戸の他の選手の記事;