サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

相馬勇紀選手の推進力をもたらすスピードあるプレー 日本代表VS中国代表

 

EAFF Eー1サッカー選手権、日本代表対中国代表の試合がありました。

 

第1戦の香港戦とはメンバーをガラリと変えての第2戦目でしたが、

脇坂泰斗選手宮市亮選手を中心に良い攻撃の形を作るもなかなかゴールまで奪えず、

 

後半は特に、ボールは保持しつつもチャンスや怖さのある攻撃がなかなか出来ない膠着状態が続いて、結果0対0のスコアレスドローに終わりました。

 

相手が後ろに重心を置いてスペースをなかなか与えてくれませんでしたが、

そんな中、左ウイングで途中出場した相馬勇紀選手は、膠着状態を打破するような積極的なプレーで最後までゴールの可能性を感じさせてくれました。

 

相馬勇紀選手と言えば、

攻守にわたり運動量が豊富で、献身的なプレーや、スピード感のあるプレーからのドリブルやクロスボールなどが持ち味の選手で、

第1戦目の香港戦でも2ゴールを決めて、W杯メンバー入りに向けて名乗りを上げている選手ですが、

 

この試合でも短い時間ながらも、その特徴を活かしたスピードあるプレーでチームに推進力をもたらしていました。

 

入って間もない時間で、左サイドを2人突破してクロスを入れ、もう少しでゴールというチャンスを作って、

その後も再三ドリブル突破パスや動き出しでゴールに果敢に迫っていき、

結果ゴールは奪えませんでしたが、途中出場の切り札的役割としてふさわしいプレーを見せてくれたと思います。

 

相馬勇紀選手が入る前の時間では、同じようなテンポやリズムの攻撃の流れが続いていたので、

パスでの攻撃とはテンポの違うドリブルでの突破や、

攻撃に緩急が加わるスピードあるプレーやゴールに迫っていく推進力は、相手に嫌な印象を与えていたんじゃないかなと思います。

 

それに、

組織でがっちり後ろを固めてくる相手には、パスで相手を動かして綻びを作っていくのももちろん大事だし有効な攻撃ですが、

点を取るためには、当たり前ですが相手の守備陣を全部崩壊させなければいけない訳じゃなく、相手の守備の一部分を崩すだけでも得点につながるので、

 

個や局面のところを、ドリブルなどではがして崩していける選手というのは、とても大事なプレーヤーだなと感じました。

 

もちろん奪われるリスクは大いにあるし、口で言うほど簡単なことじゃないですが、

それらを吹き飛ばして積極的に仕掛けていけてチームの攻撃に推進力を与えれるのはとても素晴らしいですね。

 

「勢い」や「迫力」といった技術や戦術では表現しづらいこともサッカーでは大切だと思うのですが、

それらをチームにもたらしていた相馬勇紀選手、次の試合ではどんなプレーを見せてくれるのか、そしてそれをどう結果につなげていくのか楽しみですね!

 

次の韓国戦はしっかり勝って、なおかつW杯メンバー入りに向けてアピールするたくさんの良いプレーを期待したいと思います!

 

Eー1選手権日本代表の他の選手の記事;