サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

山根視来選手の3人目の動きからの連携での崩し 川崎フロンターレVSアビスパ福岡

DAZN

J1リーグ第26節、川崎フロンターレ対アビスパ福岡の試合がありました。

 

早い時間帯に右サイドの素晴らしい崩しからマルシーニョ選手が先制点を奪うも、

少し流れが悪くなり、相手の後手を踏む時間帯も続いた中で、失点して追いつかれてしまいましたが、

 

その中でもチャンスを生み出しそれを確実に仕留めて追加点を挙げていき、

マルシーニョ選手のハットトリック、家長昭博選手のPKでのゴールで、

結果4対1と勝利を収めることができました。

 

マルシーニョ選手ハットトリックも凄かったし、それぞれの得点に導いた、

家長昭博選手遠野大弥選手山根視来選手レアンドロダミアン選手などのお膳立ても素晴らしかったですね。

 

あまり良い流れではなかったときでもしっかり得点を重ねれていて、

フロンターレの勝負強さを示した勝利だったんじゃないかなと思います。

 

そんな中、

1得点目のマルシーニョ選手のゴールを作り出した、右サイドでの崩しからの山根視来選手のアシストは、

フロンターレらしさや、フロンターレのストロングポイントが発揮されたとても素晴らしいシーンでした。

 

右サイドの大外で家長昭博選手がボールを持っていて、

その内側に山根視来選手、またその内側に脇坂泰斗選手と3人が横並びになっていて、

相手もそれぞれ1枚ずつマークをついている状況でした。

 

家長昭博選手顔を上げたタイミングくらいで、

脇坂泰斗選手がスッとボールに寄っていきパスを受けて、

その間に走り出して相手の裏に抜けていっていた山根視来選手に、

脇坂泰斗選手ダイレクトでスルーパスを送り、

フリーで裏に抜けて受けた山根視来選手が中にパスを送り、

最後はマルシーニョ選手が押し込みました。

 

4人が絡んだ鮮やかな崩しで、

家長昭博選手のタメ、脇坂泰斗選手のダイレクトパス、山根視来選手の相手の背後を突くランニング、マルシーニョ選手の動き出しなども素晴らしかったですが、

 

その中でも特に、山根視来選手動き出すタイミングがとても素晴らしかったです。

 

3人目の動きとして裏に抜け出していきましたが、

家長昭博選手から脇坂泰斗選手にパスが出てからじゃなく、パスが出るだろうというタイミングで動き出していたのが大きかったと思います。

 

チラッと首を振り、脇坂泰斗選手家長昭博選手からパスをもらおうとしているのを確認したら、もうボールは見ずにダッシュして先に走り出していたので、

相手よりも大きく先手を取れて完全に裏を取れたんだと思います。

 

おそらくこの場面での山根視来選手は、

家長昭博選手なら、自分が走れば脇坂泰斗選手にパスを出してくれるだろう、

脇坂泰斗選手なら、自分が走ればタイミングを合わせてパスを出してくれるだろうといった、

考えやイメージの共有、信頼があったんじゃないかなと思いますが、

 

今までもたくさん、この3人での右サイドの崩しは見せてくれていて、

もうフィーリングで味方の動きや考えを感じれて、お互いを分かりあえて信頼し合えているからこそ生まれた、

この3人だからこそ出来たであろう素晴らしい連携プレーからの崩しだなと感じました。

 

サッカーでは、ある程度作戦やアイデアは事前に立てられても、

相手がいるものなのでなかなか思うように狙った形通りにすることは難しいので、

その場でお互いどれだけイメージを共有できるかが大事になってきます。

 

感覚が合う選手同士なら、あまり長い時間を擁さなくても同じ絵を描けたりもしますが、連携を深めていくのは時間もかかるし、お互いの頭の中を合わすのはそう簡単なことじゃありません。

 

でもそれが出来た時は、やっている側も見ている側もとても気持ちが高ぶるし、サッカーならではの醍醐味でとても魅力的なところだと思います。

 

この3人に限らず、他でもいろんな素晴らしい連携プレーを見せてくれていますが、

これからもどんどん面白いプレーを見せてほしいですね。

 

そしてそのチーム力で一つ一つしっかり勝って、またこれからもリーグ優勝に向けて歩んでいってほしいなと思います!

山根視来選手の他の記事;