サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

魅力的で好きなプレー10選 ~家長昭博選手編~

DAZN

家長昭博選手の魅力的で好きなプレーを10個挙げたいと思います!

 

もっとたくさんありますが、なんとか10個に絞って収めました。

奪われないボールキープ

家長昭博選手と言えばこれというような抜群のキープ力。体の強さボールの持ち方の上手さを活かしたボールキープは、ほとんど奪われることはありません。

たまに相手が躍起になってしつこく激しく来るときに、パスで逃げずに受けて立って勝負し続ける姿勢もかっこいいです。

時間を作るタメづくり

抜群のキープ力間合いの取り方の上手さを活かして、ボールを持ってタメを作れます。

そのタメのおかげで、チームが落ち着く時間が作れたり味方の動きの時間を作れたりして、チームに流れを引き寄せています。

家長昭博選手がボールを持つと独特のリズムになり、ワクワクしますね。

時折見せるスプリント力

普段はスピードに頼ったプレーはあまり多くないものの、相手をドリブルで振り切るときや、守備での時など、スプリントの速さも素晴らしいです。

正確無比なクロスボール

家長昭博選手のクロスボールの精度はとても高くて、左足から放たれるフワッと柔らかいクロスボールは、味方に吸い寄せられるかのように飛んで行きます。

得点がどうしても欲しい場面で、家長昭博選手のクロスボールから得点が生まれることも多々あり、何度もチームを救ってくれています

自由なポジション取り

基本ポジションは右ウイングながらも、そこから大きく飛び出し、真ん中や後ろ、逆サイドと、いろんなところに顔を出しボールに関わることが多くあります。

そこでボールを落ち着かせたり数的優位を作って崩したりと、試合の状況を読んで臨機応変にプレーしていて、それで出す結果もそうだし、味方に認めさせる説得力のあるプレーは凄いです。

良い流れを取り戻す試合の流れを読む力

後ろからのビルドアップが上手くいっていない時相手の時間帯が続いている時など、自分たちの良い流れではないときに、家長昭博選手がボールに関わりに来て、流れを取り戻してくれることがたくさんあります。

それが出来るプレーの質の高さや、その流れを読む力はさすがの一言です。

アッと驚かされるトリッキーなプレー

ヒールパス、シャペウ、股抜き、オーバーヘッドやボレーなど、トリッキーでファンタスティックなプレーで、見ている人を魅了させてくれるのもとても素敵です。

バリエーションに富んだ味方との連携プレー

味方を活かし味方に活かされた連携でいろんなプレーを見せてくれます。

今でいうと、山根視来選手脇坂泰斗選手との右サイドの崩しや、大島僚太選手とのハイレベルなコンビネーションなど、見ていてワクワクしますね。

ピッタリ収まる長いボールのトラップ

サイドチェンジやロングボールなど、長いパスをいとも簡単にピッタリ足元に止めてしまうトラップが素晴らしいです。

難しいプレーを、さりげなく簡単にやってのけるところに凄さを感じます

動じない冷静なメンタル

いつもプレーに落ち着きがあって、少々なことがあっても何事もなかったように淡々と過ごしている強靭なメンタルは見ていてとても頼りがいがあります。

そのメンタルの安定が、プレーの安定感につながってるのかなと感じるし、ベテランの風格や凄みを感じさせてくれます。

 

魅力いっぱいで本当に素晴らしい選手ですね!

ピッチにいるだけでワクワクも安心も与えてくれるし、少しでも長くプレーを見たいです。

これからも家長昭博選手を応援していきたいと思います!

他の選手の魅力的で好きなプレー;

家長昭博選手の他の記事;