サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

ジョアン・シミッチ選手の守備の意識 川崎フロンターレVS鹿島アントラーズ

DAZN

J1リーグ第27節、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズの試合がありました。

 

1試合通して、相手にボールを持たれる時間帯も長く続きましたが、

アグレッシブな守備や、個の質の高さで局面を上回ったりとチャンスも作れて、

 

家長昭博選手の、そこに蹴るかと驚くようなコースへのPKと、

脇坂泰斗選手の、味方が触っても触らなくても良くて相手も処理しづらい絶妙なコースへのFKで、

早い時間帯に2点先制し、後半相手に1点返されましたが、結果2対1で勝利を収めることが出来ました。

 

終盤の相手のパワープレーの攻撃も、チーム全員で最後まで粘り強く戦ってしのぎ切って、

大事な一戦で勝利が必要だったし、感動を覚えた素晴らしい試合でしたね。

 

そんな中、アンカーとボランチでフル出場したジョアン・シミッチ選手は、

様々な場面で、攻守にわたりチームの勝利に大きく貢献していました。

 

攻撃面での、長短使い分けた素晴らしいパスはとても魅力的なところですが、

守備の面でも、素晴らしいプレーをいくつも見せてくれています。

 

昨シーズンや今シーズン前半の方では、守備での課題が目立つシーンも多くあったりしましたが、

最近ではそういうシーンも少なくなり、逆に良い守備だと感じることも増えてきました。

 

球際の勝負のところで迫力も増し、ボールを奪い切れることも多くあったり

空中戦での競り合いも、高さや強さを活かしてはね返すことも多かったりと、

守備での「強さ」を発揮できているシーンも多いし、

 

他にも、運動量が増えて広範囲に守備をまかなえていて、いろんなところにプレスに出てくることも増えたりして、

この試合も含め、ここ数試合では続けてチームトップの総走行距離も記録していて、数字でもその貢献度は示されています。

 

それとその中でも一番凄いなと思うのは、守備に対してのアグレッシブさが増したことかなと思います。

 

次のプレーへの予測や準備などで、出足の速い先手を取った守備が出来てきているし、

相手に寄せる距離だったり牽制だったりといった、相手にかける圧力も増していると感じます。

 

この試合でもカバーや反応の速さでピンチを防いだりピンチになるその前の段階で防いでいたりと、守備での貢献度がとても高くなったと思います。

 

おそらく、出場機会が減ったりなどで味わった悔しい気持ちを、自分の成長のエネルギーに変えて進化してきたのかなと思いますが、

ポジティブに意識を変えて、結果に表してきているのはとても凄い事ですね。

 

それに、ジョアン・シミッチ選手本人の気持ちの強さや意識の高さももちろんですが、

それをさせる川崎フロンターレのチームの雰囲気や意識の高さも凄いんだなと思います。

 

そういった空気が作れているから、良い選手がどんどん出てくるし勝ち続けれるんじゃないかと思うので、

どんなチームマネジメントを行っているのか凄く知りたいですね…。

 

高さも強さも上手さもあり、加入2年目でより攻守にわたり存在感を示してきていて、これからがもっと楽しみなジョアン・シミッチ選手の今後の活躍も期待したいと思います!

ジョアン・シミッチ選手の他の記事;