サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

家長昭博選手の作って仕留めた先制ゴール 川崎フロンターレVSサンフレッチェ広島

DAZN

J1リーグ第29節、川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島の試合がありました。

 

前半途中くらいまでは、相手のマンツーマン気味の守備に苦戦して、上手くパスをつなげないところもありましたが、

その後は、相手の守備よりもフロンターレの攻撃が上回る時間帯も多く作れて、

素晴らしいパス回しや崩しアグレッシブな攻撃で得点を重ねていき、

 

家長昭博選手の2得点、脇坂泰斗選手のゴールと知念慶選手のPKで、見事4対0と勝利を収めることが出来ました。

 

チームの良さもそうだし、なにより選手個々の良さがみんなとても出ていて

本当に良いプレーがたくさんあったし、上位にいる広島相手に強さを見せつけたとても素晴らしい試合でしたね。

 

そんな中、

この試合も別格の活躍を見せた家長昭博選手は、

ゲームメイクにチャンスメイクにフィニッシャーにと、大車輪の活躍でチームを勝利に大きく導いてくれていました。

 

真ん中や左サイドに流れてパス回しに絡んだり、右サイドに大きく張って幅を作っていたりと、色んな所に流動的に顔を出しながら

フロンターレに良い流れを取り戻したりボールの動きをスムーズにしたり局面を崩しにかかったりと、

ゲームを大きくコントロールしていましたが、

 

中でも特に、

先制点を奪ったシーンとそこまでの数分のプレーはとても素晴らしいなと思いました。

 

先制点のシーンは、

その数分前くらいからほぼずっとフロンターレがボールを握っていて、

良いリズムでボールを動かしながらも、奪われてもすぐに奪い返してと、とても良い時間帯が続いていて、

その中で生まれたゴールでした。

 

あの良い時間帯にゴールを奪えたのはとても大きかったと思うし、

最後にゴールを決めたことに加え、それまでの流れを牽引していたのも家長昭博選手で、

 

左サイドに出てボールにたくさん絡んで動かしてを繰り返しながら、

奪われても奪い返すところや、スピードを上げて打開をしに切り込んでいく場面もあったりと、良い流れを作りながら、

最後は自分でしっかり決めきりゴールにつなげました。

 

もちろん、他の選手の関わりや、脇坂泰斗選手マルシーニョ選手佐々木旭選手で左サイドを崩した形も素晴らしかったですが、

 

自分たちのリズムを作り出しチャンスを演出することができる、

まさに家長昭博選手「試合の流れを読む力」「戦術眼」、それを実現させれる「技術力」などが存分に発揮されたシーンで、

さらにゴールまで決めてしまって、作って仕留めるまでをやり抜いた素晴らしいゴールシーンだったと思います。

 

ゴール前でスペースに入っていくポジション取りや、相手がいても冷静に流し込む決定力もさすがでしたね。

 

現在チームトップの10得点を記録しているし、

内容でも安定感抜群の素晴らしいプレーを継続していて、

チームには欠かせない存在で、相手にとっては非常に厄介な存在で、

 

36歳とベテランながらも、衰え知らずどころか年々凄みを増していると感じるし、

少し気が早いですが、リーグ優勝して3連覇して、家長昭博選手がMVPに輝く姿を想像している人も多いんじゃないかなと思います…。

 

リーグ戦も終盤に差し掛かってきて、首位の座はまだ明け渡していますが、これから必ず逆転し取り戻せると思うので、

これからも1試合1試合、面白い素晴らしい試合を見せてほしいなと思います!

家長昭博選手の他の記事;