サッカープレー観察日記

川崎フロンターレ、マンチェスターシティ、日本代表を中心に、選手やチームのプレーの魅力をポジティブに書いているサッカーブログ

ジェジエウ選手のピンチの芽を摘み取る広範囲の守備 川崎フロンターレVS名古屋グランパス

DAZN

J1リーグ第22節、川崎フロンターレ対名古屋グランパスの試合がありました。

 

5-3ー2の形で引いて守る名古屋に対して、前半は膠着状態が続いたものの、

後半に橘田健人選手のゴールで先制点を奪い、試合を優位に進めていましたが、

稲垣祥選手のゴールで追いつかれ、結果1対1の同点に終わりました。

 

勝ち点3が欲しい試合ではありましたが、名古屋の攻撃を1点でしっかり抑えきり、次につながる勝ち点1だったんじゃないかなと思います。

 

そんな中、

先制点の起点となるクロスボールを入れて得点を演出したジェジエウ選手は、

さすがの能力の高さを見せつけた、頼りがいのある守備を何度も見せてくれていました。

 

高さを活かした「空中戦の強さ」や、

スピードの速さを活かした「カバーリング力」「裏への対応」

対人の強さを活かした「ボール奪取」「1対1の対応」など、

速くて高くて強い守備対応で、チームを後ろから大きく支えているジェジエウ選手ですが、

 

その能力の高さを活かした広範囲にわたる守備で、何度もピンチの芽を摘み取り相手の攻撃をシャットアウトしていました。

 

相手フォワードが足元で受けようとしたときは、

しっかり強く寄せて奪いに行ったり前を向かせないようにして潰しにいったり、

 

サイドに相手が流れてボールを受けたりするときは、

そこまでしっかり寄せて潰しにいったり、

 

味方のカバーに入るときは、

広範囲なエリアをまかなったりと、

 

真ん中の危険なゾーンだけを立ち塞がって守るだけじゃなく、前も後ろもサイドもと、広く色んなところに出ていき相手のチャンスをガンガン潰しています。

 

スピードの速さはもちろんのこと、出足の速さ思い切りの良さがあるので、

後手に回ることは少なく良いタイミングで寄せれているし、

そこに対人の強さも加わるので、ほんとに何度も相手の攻撃をシャットアウトしていて、「さすがジェジエウ選手!」と思うシーンが、この試合に限らず多くあります。

 

それにこういった、

ボールに関わるシーンでの守備対応で相手の攻撃を潰すだけじゃなく、

目に見えにくい、ボールに直接かかわっていない所でのプレーも良くて、

 

相手に前を向かれたら嫌なところで、奪いに行かずとも少し距離を縮めてプレッシャーをかけてパスをさせることを促したり

クロスボール対してのゴール前でのせめぎ合いで、相手に良いポジショニングをとらせないように、相手に体を当ててブロックしていたりなどと、

 

相手にチャンスを作られる前の段階で防いでいて、

「予測力」「危機察知能力」を働かせた、事前にピンチの芽を摘み取る守備対応も素晴らしくて、そこまでいかせない凄さがあるなと思います。

 

それともう一つ凄いのが、

広範囲に動いてピンチをガンガン潰している印象ですが、

闇雲に行っているわけじゃなく、しっかりとリスクマネジメントをした上で、的確な判断のもと行っているのが凄いなと思います。

 

能力が高いとそこに頼りがちになって、勢いで前に出ていってしまったりして、それを逆に利用されたりするというパターンもあるかと思いますが、

 

ジェジエウ選手は、出ようとしてやっぱりストップしたり、ある程度は寄せるけど範囲を出れば元の場所に戻ったりするプレーを見ても分かるように、

不用意に前に出すぎたり行き過ぎたりしないので、ひっくり返されることも少なくて、能力の高さに加えて、熟練の判断もとても素晴らしいですね。

 

ジェジエウ選手が怪我から復帰してきてから、

良い守備から良い攻撃にという場面が増えたり、攻守での安定感が増したりと、やっぱりチームに欠かせない存在だということを、試合を重ねるにつれて思わせてくれます。

 

ここから先、本当にリーグの正念場を迎えてくると思いますが、

逆転優勝を本気で信じているので、残り6試合、良いドラマを見せてほしいなと思います!

ジェジエウ選手の他の記事;